アメリカで初めてのデニーズ!注文の仕方や量の多さ・味の感想について

こんにちは!

アメリカ生活243日目、さおりです。

今日、アメリカではじめて、
“Denny’s” を体験しました!

スポンサーリンク

実は今、ニューメキシコ州に
旅行に来ているのですが…。

ホテルから歩いて行けるところにデニーズがあり、
ホテルの鍵で10%オフになるので、
夕飯に利用してみることに。

アメリカのデニーズで、
注文の際に聞かれたこと、
サイズ感や味について、
こちらに書きたいと思います。

注文をする

土曜の19時ですが、お店はガラガラ。笑

店員さんもどの席がいい?って感じで、
気さくな感じ。

適当に席を選ぶとすぐに
「飲み物何にする?」って、
まるで日本の居酒屋と一緒。笑

ファミレスでも、
メニューまだ開いてないのに、
ドリンクを聞くんですね。

しかし、日本のそれとは異なり、
お酒は置いていません!

さすが、アルコールに厳しいアメリカ。

ファミリーレストランに、
当たり前にビールがあるのは、
日本ならではなのでしょうか。

私たちは、お水を2つ頼み、
改めてたくさんあるメニューの中から、
食べたいもの探し。

私は今日、
全然野菜を摂取できていなかったので、
サラダが無性に食べたくて。

お肉や卵、チーズ、アボカド…と
たくさん具がのっている豪華なサラダ、
PRIME RIB COBB SALAD (9.79ドル)をチョイス。

夫は、お店の入口にも大きく貼られていて、
スキレットが一押しのようだったので、
店員さんに1番人気を聞いて、
CRAZY SPICY SKILLET (9.49ドル)
+トルティーヤ99セントを頼むことに。

+1ドルで卵をのせられるようで、
夫がお願いすると、
卵の焼き方はどうする??」と聞かれました。

スクランブルやミディアムなど、
指定できるようなので、
スクランブルとお願い。

サラダは「ドレッシング何にする?」と聞かれたので、
何があるのか聞くと、
ランチ、サウザン、シーザー…なんでもとのこと。

一番無難なシーザーにすることに。

これで足りるかなあ…。

お腹ペコペコの夫は心配そう。

さおり
アメリカだもん。きっとサイズが大きいに決まってるよ。大丈夫大丈夫。

この後、
予想をはるかに上回る量に、
驚愕することになるなんてつゆ知らず、
のんきな会話をする日本人夫婦なのでした。

スポンサーリンク

アメリカンサイズの料理

注文から10分~15分程度で、
頼んだ料理が運ばれてきましたが…。

私は絶句。

料理1つで、
ありえない大きさなのです。

スキレットは、Iphone7 が4個分位、
サラダは、その一回り上位の大きさがあります。

さおり
こ…これは、予想以上というか、日本のサラダの5人前くらいはある…。

 

スキレットうめー!

 

ひるむ私の目の前に、
幸せそうにアメリカンサイズの料理を、
むしゃむしゃ食べ始める夫。

店員さんに取り皿をもらい、
4分の1位のサラダを夫に配給。

私も、夫のスキレットをつつきつつ、
大量のサラダとの戦いへ。

料理の感想

夫の頼んだスキレットは、
野菜とお肉やソーセージ、キノコなどを、
バーベキュー系の味付けしたものにチーズがかかっていて、
その上に追加した卵、さらにトップにグリルドチキン。

スクランブルと頼んだ卵はなぜか、
普通に焼かれていました。

アメリカでは
スクランブルはこの焼き方なのか、
それとも間違えただけなのか…。

しかし、夫はそんなことは気にせず。

好きなものしか入っていない!
サイコー!

もりもり食べています。笑

バーベキュー味?がかなり濃くて、
私にとってはちょっとずつ、
サラダと食べてちょうどいいくらい。

味付けが濃い以外は問題なく、
美味しいです。

ザ・アメリカンて感じで、
カロリーもかなり高そうですが、
男性なら食べきれるかもしれません。
(夫は完食していました。笑)

私も、サラダとは言えど、
アボカドの量やお肉の量もかなりあったので、
苦戦しましたが、チーズとポテト以外は完食。

とてもボリュームがあって、
ほとんどサラダのみでお腹いっぱいになりました。

 

お会計は、
ホテルの割引10%オフを使って、
TaxとTipを入れても、23.13ドル。

夫婦2人、
お腹一杯食べたい夫と、
野菜が取りたい私…。

全く違う二人の要望を完璧に満たしてくれて、
夕食にこの金額は安いかなと。

絶対に日本にはないアメリカンな味付けと、
度肝を抜かれる量の多さ、
ぜひ体験してみて損はないと思います!

スポンサーリンク

まとめ

  • アメリカのデニーズでは、たまごの焼き方まで聞かれる。
  • 料理の大きさは、スーパーアメリカンサイズ!
  • 味付けはザ・アメリカンな感じで、濃いけれど美味しい!