アメリカ生活の為に日本から持参した食材


こんにちは!

アメリカ生活53日目、さおりです。

日本での渡米準備期間、
食材をどれくらい持参するか、
とても悩みました。

スポンサーリンク

結局、考え抜いた末にアメリカへ持参したもの、
あってよかったもの・なくてもよかったものについて書きます。

日本から持参したものリスト

・緑茶パック
・麦茶パック
・乾燥わかめ
・昆布
・塩昆布
・焼きのり
・めんつゆ(3倍濃縮)
・醤油×2
・ポン酢
・だしパック×4
・味噌
・わさび×2
・ショウガ×2
・柚子胡椒×2
・七味唐辛子×2
・ラー油×2
・だしソース
・味噌ソース
・フリーズドライの味噌汁×30個位

日通さんで食品を送ることが出来なかったので、
上記のものをスーツケース一杯に
詰め込みました。

もちろん肉類などの禁止品は入れてませんが、
もしスーツケースの中を開けることになって、
英語が伝わらず、全没収されたら…と思うと、
気が気でありませんでした。

飛行機の中で税関申告書には、
食品持ち込みありで記入し、
ドキドキしながら税関を通りましたが、
聞かれたのは何持っている?だけ。

ジャパニーズシーズニング
(日本の調味料)と答えると、
それ以上は聞かれず、
スーツケースを開けられたりはしませんでした。

 

さおり
食材全部に英語名書いた意味なし!笑

 

持ってきてよかったもの

アメリカに来て、
日本から持ってきてよかったと思うものは、
毎回の食事に少量使うような調味料です。

七味唐辛子や柚子胡椒、
ショウガやラー油、ワサビなど、
ちょっとしか使わないんだけど、
食卓でよく使うようなもの。

塩コショウは買えるとしても、
調味料全部コチラで揃えるのって、
金額も、探す手間も結構かかります。

ダラスから車で20分位のプレイノにある、
日系スーパー・mitsuwaで日本の食品は買えますが、
倍程度の値段で、
品数も限られているので、
お気に入りの調味料はできるだけ多めに持って来た方がいいです。

もう1つ、乾燥ワカメは、
軽いし、増えるし、
間違いなく持って来てよかったもの。

キュウリと和えて酢の物にしてもいいし、
持って来たフリーズドライの味噌汁に足してもいいし、
こちらのスーパーであまり海藻を見かけないせいか、
ワカメを食べると嬉しくなります。

日本であまり海藻に興味なかった方も、
スペースに余裕があれば、
持ってきて損はないかもしれません。

スポンサーリンク

持って来なくてもよかったもの

アメリカの飲み物はジュースやコーラばかりで、
お茶が恋しくなるかなと思い、
緑茶麦茶のパックを持ってきましたが…
今のところ出番なしです。

水で十分、満足できています。

あと、持ってきてよかった物のところに、
お気に入りの調味料と書きましたが、
醤油だけは例外です。

アメリカのスーパーでもSOYSAUCEとして、
必ず置いてあるほど、ポピュラーなので、
日本のこの醤油!というこだわりがなければ、
どこのスーパーでも簡単に安く手に入ると思います。

持ってこなくて後悔しているもの

反対に持ってくればよかった!と
後悔しているのが、
蕎麦です。

私は、うどんやパスタより、
断然蕎麦派だったのですが、
300400gの少ないものでも500円近くします。

ワッフルやベーグル、パスタは、美味しいのですが、
お米や蕎麦が好きだった私にとっては、
毎日食べると飽きます。

お米は、mitsuwaでそんなに高くなく手に入りますが、
(セールしてる時は、日本米5~6kg18ドル位)
お蕎麦がすすりたい今日この頃です。

あとは同じくザ・日本な食材で、
抹茶は持ってくればよかったなと思います。

私は、お菓子作りなんてする予定なかったのですが、
住居のイベントでケーキを持ち寄ることがあったので、
日本ぽさを出したくて、
抹茶のチーズケーキを作ることに。

抹茶は、Mitsuwaで売っていましたが、
少量で10ドル近くしたので、
ホームメイドする予定のある奥様は、
日本から持ってきて、ケーキやクッキーに入れると、
周りのアメリカ人に喜ばれるかもしれません。

※のちにマヨネーズを持ってこなくて後悔した記事はコチラ

スポンサーリンク

まとめ

  • プレイノにある日系スーパー・mitsuwaでは、
    日本食材は購入できるが、
    2倍以上の値段で品数も限られている。
  • 海苔や抹茶などの日本的なものは、
    使う予定がなくても持っていると安心。
    (突然、海苔巻きや抹茶などを周りから求められるかもしれません)