駐在夫婦の現実逃避「家探しゲーム」


こんにちは!

アメリカ生活130日目、さおりです!

海外で生活していると、
たまに現実逃避したくなる時ってありますよね…。

スポンサーリンク

そんな時に、
私たち夫婦が最近する遊び、
名付けて「家探しゲーム」はいかがですか?

1人1つ携帯やパソコンがあれば、
どこでもできて、時間も取らず、
手軽で全く意味がないけど、なぜか白熱します。笑

このくだらないゲームを編み出した経緯と、
やり方についてご紹介します。

夫の趣味・家探し

夫の不思議な趣味…。

それは、素敵な家を探すこと

日本にいた時は、
それがアメリカで住みたい家探しだったので、
謎の趣味が役立ち、今とても気に入った家に住めています。
(夫の先輩の助言などもありますが)

ただ厄介なのが、
新しい家に引っ越した後でも、
家探しが趣味の為、それが続行すること。

 

1つ魅力的な物件を紹介させてもらってもよろしいでしょうか?
○○駅徒歩5分!築5年、南向き… 

 

さおり
ねえ、ちょっと黙ってもらっていい?
さすがにアメリカに引っ越したばかりで、もう日本の家に住むこと考えられない。 

 

さすがに、アメリカに来て、
新しい家に引っ越した直後から、
今度、日本で住みたい家を探し出した時は、
あきれて相手に出来ませんでした。

 

しかし、コチラ来て早4か月…。

少し海外生活に疲れて、
英語や今の生活から
現実逃避したい気持ちになることもあります。

 

さおり
ブログ何書こうかなー。
最近、何か書けるようなことあったかなー。

 

…いそいそ…

 

リビングで考えていると、
正面の席に座って、
携帯でアニメを見ようとする夫…。

 

さおり
ちょっと―!気が散るから、アニメ見るなら隣の部屋で観てー!

 

えー…。

 

じゃあ、静かに家探ししてる…。

 

そう言って、
パソコンを開く夫…。

 

さおり
夫も英語やアメリカの仕事に疲れてるんだな。
なんかあっち行ってよとか、かわいそうなこと言っちゃったな…。

 

さおり
じゃあ家探しゲームしよっか!

 

何それ!

 

そんな風に始まったこのゲーム。

スポンサーリンク

遊び方

やり方は、いたってシンプル

ゲームに必要なのもの

  • インターネットにつながる端末を1人1つ。
    (スマホでもパソコンでもタブレットでもOK)

ルール

  • 制限時間
  • 住みたいエリア
  • 価格

3つの条件を決めて、
sumohomesなどの物件情報サイトから、
自分が一番素敵だと思う物件を探し、
プレゼンし合います。

なんとも意味のない遊びですが、
制限時間を、5分とか10分とか短く設定すると、
夢中になって探して早く勝敗がつくので、
時間もそんなにかからず、割と白熱します。

しかも実際にあるお家なので、
想像力にリアリティが増します。

住みたい場所の設定は、
会社から何分以内でもいいし、
具体的に駅名を決めてもいいかもしれません。

うちは実際、1年後日本に、
戻ったらという設定でやってますが、
戻る予定がない方は実際住めないような、
高級住宅街に決めてやってみても面白そう!

価格をいくらまでという風に
設定するのがポイントで、
限られた金額で、
より良い条件の物件を探し出した方の勝ちです。

タイマーがなった時点で、
お互いが一番いいと思っている物件を
戦わせるというシンプルなゲーム。

くだらないですが、
かなり現実逃避にはなりますよ!

 

ほー!これはかなり魅力的な物件だ…!
この立地でこの価格…敷礼なしとは…

 

さおり
え、まだやってるの…?
いい加減、英語でも勉強しなよ…笑

 

…え? 

 

この遊びにはまってしまうと、
無意味に時間を消費するので、要注意!笑

スポンサーリンク

まとめ

  • 海外生活で現実逃避したい時に使えるのが、
    日本の家探しゲーム。
  • 1人1つインターネットに
    つながる端末があればどこでも出来る。
  • 制限時間とエリア・価格帯を決めて、
    自分の1番住みたい物件を探し、
    相手により住みたいと思わせた方の勝ち。