“How are you?”にどう返す?
アメリカで日本の英語教育を考えた


こんにちは!

アメリカ生290日目、さおりです。

日本の学生時代や英会話スクールの英語は、
果たして今、活きているのか?

スポンサーリンク

ダラスでの生活が9か月を過ぎ、
ふと初歩的な表現 “How are you?”や“My name is” など
いわゆる教科書英語について考えてみたのですが…。

そこで思った、
英語圏に来て変わった自分の認識について
こちらに書いてみたいなと思います。

How are you?の返事

大昔、自分が学校で英語を習った時、
How are you ? に対しての返答は
I’m fine, thank you. And you ?だったと思います。
(今の教科書ってどうなっているか分かりませんが…)

その後、20歳位の時に何か月か通った、
東京のイングリッシュスクールでは…。

クイックなグリーティングに対応するために、
あえて I’m は省略し、
Good や Great など一言で返すこと、
And you ? ではなく、you ? だけで返しなさいと習いました。

つまり…

  • “I’m fine, thank you. And you ?” ←中学時代
  • “Good! You?” ←10年前に通った英会話学校

ですが、今アメリカで暮らしていて思うのは、
どちらも使っていない…ということです。

前者を使わない理由は、
fine や And you? が不自然だと感じるから。
(ちなみにこちらに来たばかりの頃に、
英語学校で I’m Fine と返したら、
ネイティブの先生に日本人だね~と爆笑されました。)

後者は、もしかしたら、
普通にペラペラ話せる人なら、
いいのかもしれませんが…。

私のように、英語をすらすらと
自然に話すことが出来ないビギナーが、
グリーティングだけクイックにするのはとても変。

そのペースで、
会話が続けられないなら、
丁寧に I’m good や I feel good で、
きちんと返す方が無難だと私は感じます。
(単語のチョイスも fine より断然 good が無難)

また、道ですれ違う際の
Hi! How are you? については、
答えを求めていないただの挨拶なので
今は Hi! と返せば十分と思うようになりました。

他の人のすれ違い風景を見ていても、
Hi! だけもしくは Hi! What’s up?など、
質問に質問で返している人が圧倒的に多く、
How are you?=Hello や Hi というニュアンスだと今は感じています。

My name is と I’mの違い

  • My name is フルネーム ←中学の教科書
  • I’m ファーストネーム  ←10年前の英会話学校

10年前に通った英会話学校では、
My name is ~ は日常生活で、
あまり使わないと習った私。

その為、こちらに来てからも、
基本的には使わないようにしていました。

しかし、意外にも、
今ダラスで通ってる英語学校では、
先生たちの口から My name is ~ を聞くことが多く、
それを使うのはどんな時か考え直してみたところ…。

さおり
大勢の人の前だ…!

これは英語学校の先生だけでなく、
ズンバのレッスンの先生も、
最初に必ず Hi!! My name is ~と名前を言って、
私のクラスが初めての人いる??と聞いてからズンバを始めます。

また、大勢生徒がいなくても、
フォーマルな場では、
My name is を使う人が多いと感じます。

学校で新しくきた先生が
前から在籍している先生に対して、
初対面で挨拶している様子を見ていると、
My name is を使っていたり。

つまりカジュアルな出逢いの場では、
I’m + ファーストネームで問題ないと思いますが…。

My name is フルネームは、
使い所が適切であれば、
I’m fine, thank you. And you ? とは違って、
むしろ良い表現・丁寧な表現なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

What’s your name?いつ使うか問題

反対に、名前を尋ねる言い方、
What’s your name? も、
My name is と一緒に教わる表現ですよね。

ですが、アメリカに来て、
こんな風には1度も言われたことがないし、
言ったこともありません。

「あなたの名前は何?」って、
聞くシチュエーションって…ほぼないんですよね。

初対面同士だと自然にお互いに自己紹介するから、
自分から名前教えてなんて言わないし、
予約しているお店とかツアーなら、
May I have your name ? ときかれる気がします。

そこから思うのは、
名前を聞くようなシチュエーション(初対面)では、
can I ~や May I ~などの表現を使う人が圧倒的に多くて…。

What’s your name ? なんて、
ぶしつけな言い方ができる位、仲良かったら、
名前を聞く必要なんてないってこと!

 

そう考えると、
日本で最初に覚える英語って、
使わないものも多いですね。
(教科書作る人も大変なんだろうけど…)

もっともっと日本の英語教育が、
実用的になってくれるといいのになあ…。

スポンサーリンク

まとめ

  • How are you ? に対する返事に、
    “I’m fine, thank you. And you ?” は使わない。
  • すれ違いざまの How are you? は、
    Hello や Hi に近く、答えは求められていない。
  • “My name is ” は丁寧な表現で、
    フォーマルな場や大勢の場でよく使われる。
  • What’s your name? を使うシチュエーションは、
    無いに等しい。