当ブログ1番人気!
アメリカ生活の為に日本から持参した食材

トレーダージョーズのサルサが辛うま!おすすめレシピも紹介

こんにちは!

さおりです。

2019年トレーダージョーズで発売された、
Organic Thick & Chunky Salsa

スポンサーリンク

日本でサルサソースは、
あまりポピュラーではないですが…

アメリカだと、
チップスをディップしたり、
ケサディーヤやタコスなど、
いろいろな料理に使われていますよね。

そこで今回は、
Organic Thick & Chunky Salsaについて、
試してみた感想やアレンジ料理などを、
こちらで紹介したいと思います。

トレジョのサルサソース

Organic Thick & Chunky Salsaは、
2019年2月に発売された、
オーガニックのサルサソース。

原材料

水、オーガニックトマト、オーガニックトマトペースト、オーガニックハラペーニョ、オーガニック玉ねぎ、オーガニックカイエンペッパー、オーガニックガーリック

ざっくりというと、
トマトと玉ねぎとハラペーニョを
塩、カイエンペッパー、ニンニクで
味付けした王道サルサソースです。

こちらは、
たっぷりと454g入って、
お値段たったの2.49ドル。

全てがオーガニックなのが、良いですね。

食べてみた感想

早速、トレジョのピタチップス(ガーリック味)に付けて試食。

※トレーダージョーズのチップスについては、
以下の記事に詳しく書いています。

トレーダージョーズでおすすめのチップス3選

結構具が入っていますが、
オニオンがとろけていて、
シャキシャキしてないところが、イイ!

ハラペーニョの苦みがトマトと合って、
美味しいです。

焼いたトーストでディップしても、
食べ応えがあってグッド。

ただ…辛さに関しては、
パッケージの表示を見ると、
hot と mildの中間位ですが…

私にとってはもう少し辛く感じました。

トレジョのおすすめの食べ方を見てみると、
チップスなどでディップするときは、
クリームチーズと一緒にいただくのが
おすすめと書かれているので…

そのように食べれば、
チーズでマイルドになって、
そこまで辛さを感じないかもしれません!

スポンサーリンク

おすすめアレンジレシピを紹介

 

サルサソースを使った定番の食べ方としては、
サルサドッグやタコスなどがあると思いますが、
私がおすすめしたいのは、少し変わった食べ方。

日本人の私が試してみて美味しかった、
簡単にできるサルサアレンジ料理について、
コチラで2つ紹介したいと思います。

サルサスクランブルエッグ

その名の通り、
卵にこのトレジョのサルサを混ぜて焼くだけ。
(あればチーズも!)

私は味付けに醤油を少し入れましたが
おそらく塩コショウでもなんでも合うと思います。

サルサの量は、卵1つに対して、
大さじ1位を入れましたが、
お好みでもっと多く入れても大丈夫です。

ハラペーニョの緑と
トマトの赤が入っていろどりが良く、
卵と焼くことで辛味も抑えられ、
味も何となく海外っぽくなってオシャレ。

ごはんよりパンに合うので、
ぜひトーストの付け合わせとして、
試してみてもらえればと思います!

サルサ納豆

日系スーパーがある地域であれば、
納豆に混ぜて食べるのがおすすめ!

サルサって意外と和風に合うんです。

納豆に入ってる付けダレと
サルサを大さじ1くらい入れて混ぜ、
ごはんにかければ、
いつもと違った納豆ご飯に大変身。
(からしは入れても入れなくても美味しいです)

少し辛くて、なんとも美味しいので、
ぜひ試してみて欲しいなと思います!

スポンサーリンク

まとめ

  • Organic Thick & Chunky Salsaは、トレーダージョーズで2019年2月に発売されたオーガニックのサルサソース。
  • 454g入って、2.49ドル。
  • チップスでディップ以外にも、料理にアレンジ出来て便利。
  • 納豆が嫌いじゃなければ、サルサ納豆はとてもおすすめ!