アメリカで聞いた「共産主義国キューバ」の亡命・宗教事情


こんにちは!

アメリカ生活310日目、さおりです。

最近、私の通う英語学校のクラスに
新しくキューバ人が通って来るようになりました。

スポンサーリンク

そこで知った、
キューバの共産主義。

それにまつわる経済や宗教事情、
アメリカへの亡命について、
日本とは全く違う世界にとても驚いたので、
こちらに書きたいと思います。

キューバからの亡命者

―英語学校にて

先生
今日から新しく入る、キューバ出身の○○と○○よ。

 

さおり
へー!キューバかあ。

 

先生に紹介されて入ってきた2人は、
私よりもやや年上のご夫婦。

簡単な自己紹介のあと、
仕事は何をしているのか聞いてみると、
彼らは、Missionaryだと言います。

ミッショナリーとは、
外国に派遣される宣教師のこと。

キリスト教の宣教師として、
また、Asylee(亡命者)として、
彼らは2年前にアメリカにきたとのこと。
(Asylee について書いた記事はコチラ)

私は、以前イラク人について書いた通り、
Asylee や Refugee の認定は、
それなりに危険な国からでないと
受けられないのかと思っていましたが…。

実はアメリカに亡命するキューバ人は
とても多いようで、
キューバにほど近いフロリダには、
たくさん住んでいるそうです。

その背景としてアメリカには、
キューバからの亡命に対する特例法があり、
アメリカに何とか上陸さえして、1年暮らせば、
亡命が認められ、永住権が与えられるというもの。

実際に、2年前にこちらに来たという彼らも、
グリーンカードをすでに持っていると言っていました。

共産主義

ではなぜ、キューバ人は
アメリカに亡命してくるのかというと、
理由はキューバが共産主義国だからというのが大きいようです。

共産主義は、ざっくり言えば、
「みんな平等にしようね」という考え方。

資本主義→すべてが誰かの持ち物
(例えば会社は社長の持ち物で、
社長が働き手の社員に見合った給料を払う)

共産主義→すべてが国の持ち物
(すべての会社は国の持ち物で、
どこの会社であっても給料は一緒)

つまり、会社も土地も財産も、
全て国が管理・平等に国民に与えられるという感じ。
(実際は厳密には平等ではないかもしれませんが)

資本主義社会で育った私は、
本当にそうなのか疑う気持ちがあったので、
失礼ながらも彼らに聞いてみました。

さおり
キューバでは、本当にお給料ってみんな一緒なの?

 

キューバ人
うーん。医者とかはちょっと給料高いね。でも基本的にはみんなおんなじ位だよ。

 

キューバ人
毎月1日が給料日で、労働時間も1日8時間で週5日半(土曜は半日・日曜休み)、オーバーワーク(残業)はしちゃいけないと決められているよ。

 

さおり
へー!世界にはいろいろな国があるんだなあ。

 

みんな平等だけど、みんな貧しい。

そこから抜け出したい
キューバ人も少なくはないから…
リスクを冒しても
アメリカに亡命してくる人が
たくさんいるのかなと思いました。

スポンサーリンク

教会ではなく家で

彼らは、上記の経済的理由というよりかは、
宗教活動の自由を求めて、
もしくは彼らの所属する
クリスチャンのグループの方針で、
アメリカにやってきたようです。

というのも、経済だけでなく、
キューバでは宗教活動に関しても
国に管理されていて、
教会も建設することが難しいよう。

その背景には、キューバ革命後、
共産主義社会を作ったカストロによる
キリスト教弾圧の過去があり、
今も宗教活動は政府の管理下にあるのだそうです。

その為、彼らは教会には行かず、
家に集まって聖書の教えを説いたり、
宗教活動を行っているそう。

さおり
世界にはいろいろな国があって、いろいろな理由で亡命する人がいるんだなあ…。

 

イラクに続き、今回のキューバ人との出会いは、
日本にいた時は全く知らなかった共産主義や、
キューバという国について知ることが出来た、
貴重な出会いでした。

スポンサーリンク

まとめ

  • キューバは、共産主義の国で、
    どんな職種であっても、給料はほとんど同じ位。
  • 宗教活動も政府に管理されている。
  • アメリカに亡命してくるキューバ人は少なくない。