当ブログ1番人気!
アメリカ生活の為に日本から持参した食材

【ハンドメイズ・テイル】シーズン5第2話のあらすじと感想【ネタバレ】

こんにちは!

さおりです。

「ハンドメイズ・テイル」
(原題:The Handmaid’s Tale)
シーズン5の第2話を観ました!

この記事では、主要登場人物や
シーズン5第2話の簡単なあらすじ、
私なりの感想を書かせて頂くので、
興味があれば読んで頂けると嬉しいです。

※シーズン5第1話の感想は、
【ハンドメイズ・テイル】シーズン5第1話のあらすじと感想【ネタバレ】に書いています。

※ちなみに私は、Nord VPNを利用して、アメリカのhuluを視聴しています。
VPNサービスを5つ試して最終的にnordVPNに決めた理由については、
アメリカのhuluNETFLIXを視聴可能なVPN5社を比較してみた」に書いています。

登場人物

ジューン・オズボーン/オブフレッド/オブジョセフ

夫のルーク・娘のハンナと一緒に
ギレアド脱出・カナダを目指していたが、
捕らえられハンドメイドに。

シーズン4で、
ついにギレアドを脱出、
カナダで夫・ルークと再会し、
元ハンドメイドたちと
フレッド・ウォーターフォード殺害を成し遂げる。

フレッド・ウォーターフォード

政府高官(司令官)であり、
妻のセリーナと共に、
ギレアドの創設に尽力。

ジューンが最初にハンドメイドとして着任した家の主人。

セリーナ・ジョイ・ウォーターフォード

フレッドの妻で、元文化活動家。

エミリー・マレク/オブグレン/オブスティーブン/オブロイ/オブジョセフ

元大学講師の同性愛者で
妻と子どもとカナダに逃げる時、
エミリーだけ捕まり、ハンドメイドに。

ジューンの買い物のパートナーで、友人関係に。

ジャニーン/オブウォーレン/オブダニエル/オブハワード

ハンドメイドの訓練センターで、
罰を受け右目を失ったハンドメイド。

精神的に不安定で、
幼い子どものように
無邪気な面やわがままな面を持つ。

リディア・クレメンツ(おばリディア)

ハンドメイドを監督するおば。

教育熱心で信心深く、
刑罰には厳格で残忍だが、
ジャニーンに対する接し方など、
思いやりの心も見え隠れしている。

ルーカス・バンコール(ルーク)

ジューンの夫。

ギレアド脱出、
カナダで再会したモイラと共に、
ギレアドで出産したジューンの子供・ニコルを育てている。

ハンナ・バンコール/アグネス・マッケンジー

ジューンとルークの実の娘。

ジューンがハンドメイドとして捕らえられ、
ハンナはマッケンジー司令官の娘
「アグネス・マッケンジー」として育てられることに。

ニック・ブレイン

ウォーターフォード司令官の運転手であり、
ギレアド政府の目だった。

ジューンと秘密の関係を持ち、
ウォーターフォード家で産んだ子ども・ニコルの本当の父親。

司令官に昇格後、
シーズン4ではジューンたちのフレッド殺害計画を助ける。

モイラ

ジューンの大親友で、
ジューンと一緒にハンドメイドの訓練施設に入るが、
配属される前に脱走するが捕まる。

その後、イゼベルの店でルビーとして働くが、
ジューンと再会し、再度ギレアド脱出を計画、
現在カナダで難民としてルークと共に生活している。

リタ

元・ウォーターフォード家のマーサ(家政婦)、
ギレアド脱出を成功させ、カナダで暮らしている。

ジョセフ・ローレンス

エミリーがハンドメイドとして、
最後に着任した家の主人(司令官)。

シーズン2最後で、
エミリーのギレアド脱出を助けるなど、
何かとジューンの計画に協力。

ウーナ

モイラの新しい彼女。

エスター・キーズ

キーズ司令官の妻。
シーズン4第1話、ジューンたちが身を寄せた農場の婦人で、
その後、ハンドメイドに。

マーク・トゥエロ

カナダのアメリカ政府代表。

スポンサーリンク

第2話の導入

ギレアドの生活を夜中に思い出していたジューン…
一方、セリーナは、ギレアドのあのブルーの服(司令官の妻の服)を着て、
ギレアドに帰って…。

第2話のあらすじと感想

ギレアドの生活を夜中に思い出していたジューンは、
前話でもらった銃を、庭に穴をほって隠して…

それは少し安心しましたね。

今のジューンだと、
銃を持っていると、
何をしでかすかわからないので、
埋めてくれてほっとしましたね。

一方、セリーナは、
帰るとは言ったけど、
本当にこんなに早くギレアドに戻るとは、
急展開でびっくりです。

セリーナの帰りを、
ニックとローレンス氏、
2人の司令官が迎えてくれて。

(しかし、どちらもジューンと連絡を取り、
フレッド殺しの片棒を担いでいるというのが皮肉ですよね。)

セリーナは、
フレッドの葬式のための教会を見に来ますが、
人気の有る教会じゃないねと言って…

あなたへの敬意から、
私達はフレッドの葬式を可能なかぎり、
迅速かつ簡単にしようと思ったと説明するローレンス氏。

セリーナはローレンス氏に、
ハンドメイドが司令官を殺すのを、
あなたが手伝ったと他の司令官が知ったらどうするか想像できる?と聞いてきて…

セリーナは、この2人が協力したってわかっているのですね。

フレッドに適切な葬儀をというセリーナ。
セリーナも、久しぶりのギレアドで、
司令官相手になかなかやりますね。

ローレンス氏は、
私はただの司令官だし、
ニックは伸び盛りだけどまだ若いし、
自分達にできることは限られていると、なんとかなだめて。

一方、リディアは…未だにハンドメイドを教育していて、
パトナム氏は、新しいハンドメイドに興味があること、
エスターは若くて可愛いから、彼らが興味を示すのではと。

リディアは、フレッドの葬式の集まりで、
エスターをパトナム氏に紹介して、
パトナム家に配属させようとしているんですね。

リディアに、
「パトナムがもしエスターを選んだら、
彼女を訪問していい?」と聞くけど、
「先を急がないで」と止められるジャニーン。

ジャニーンも娘のアンジェラに会いたいんですね。

スポンサーリンク

そして、フレッドの葬式当日。
セリーナとトゥエロが入ると、
パトナム夫妻に迎えられ…

そこから、トゥエロはパトナム氏と、
セリーナはパトナム婦人や司令官の妻たちの輪の中へ。

一方、ルークの家では、
モイラ、リタが集まり楽しそう。

ジューンもそこに座るけど、
ルークが持ってきたボードゲームを見て、
フレッドとスクラブルをしたときのことを思い出してしまって。

キッチンでリタと2人になるジューン。
ジューンは「セリーナがギレアドに戻ったのを知っているよね?
彼女の計画は?」と質問し、「知らない」と答えるリタ。

リタに、ギレアドでセリーナからされた嫌なことを
無理やり思い出させようとするジューン。

リタは、もうギレアドを手放して、
前に進もうとしているのに、ジューンは自分勝手ですね。

「私はハンドメイドではなかったけど、私も苦しんだ。」
「毎日苦しんでいる」そう言うリタに、
「ごめん」と謝るジューン。
「どうしちゃったの?」と怒るモイラ。

本当に、生生しい主人公ですよね。
きれいに描かないのが、このドラマのすごいところであり、
怖いところですよね。

また、ギレアドのお葬式の集まりでは、
リディアがハンドメイドたちを連れてやって来て…

その中には、ジャニーンやエスターも。

パトナム婦人に、エスターを紹介するリディア。
後ろにはジャニーン。

パトナム婦人は、
一応エスターをハンドメイドとして受け入れることに。

そして、婦人と2人になるジャニーン、
そこへ駆け寄ってくるアンジェラ。

「ハグしてもいい?」と言って、
アンジェラを抱きしめるジャニーン。

アンジェラはジャニーンの生んだ子だもんね。
すごく嬉しいですよね。
(育てているパトナム婦人は複雑だろうけど)

一方、エスターを連れて、
司令官たちが集まる部屋へ入るリディア。

エスターをパトナム氏に紹介すると、
司令官たちは外へ。
リディアも出ていくようにパトナム氏に言われて、

エスターとパトナム氏は2人きりに。

エスターにチョコレートを食べさせるパトナム氏。

チョコレートを食べてるだけなのに、
こんなに怖いのは、
このドラマの世界観が為せる技ですね。

スポンサーリンク

一方、ルークとジューンは、
2人きりで話。

ジューンは、
フレッドを殺したのは、
自分の仕業だとわかってもらうために、
フレッドの指をセリーナに送ったことを話し。

ルークは「彼女を挑発したの?」と信じられない顔で、
「彼女に指を送っても、
我々家族は助からないし、
それはハンナを取り戻すことにつながらない!」と怒りますが…

「あなたはここにいる必要があって、
自分もニコルもここでジューンを必要としている」となだめてくれて。

「彼女はいなくなったし、
たぶんジューンを恐れている、
あなたは勝ったからここにいて、
彼女はあなたに連絡できない、
彼女のことは忘れよう」と諭してくれるルーク。

これを言うジューンもすごいけど、
驚きながらもちゃんと受け止めて、
無条件の愛を持ってジューンに接しているルークは本当にすごいですよね。

本当に良い旦那さん!

そして再び、お葬式の集まりでは、
セリーナが司令官たちの部屋へ。

カルホーン司令官に、
生まれてくる息子が父親を誇りに思えるようにしたい、
フレッドの葬式を国際的なイベントにする必要がある、
世界中に放送するべきではないかと提案。

セリーナも大きく出ましたね。
でも…そんなことすぐにできるのでしょうか。

葬式会場からの帰りの車では、
リディア、ジャニーン、ハンドメイドたちが乗っていて、
エスターがジャニーンに「配属されたくない」と訴えますが…

「あなたの司令官にあなたを好きになってもらえば、
早く妊娠するよ」とジャニーン。

「妊娠が私を守ってくれると本気で思っているの?」と言うエスターに、
「妊娠は守られるための唯一の方法」とジャニーン。

ジャニーンってそういう女性ですよね。
でも、エスターとは違いすぎて…
この2人の溝がどんどん深まっていっている気がしますね。

一方、マーク・トゥエロと密会するニック。

ジューンを助けながら、
確実に昇進していったことを褒めて、
「娘に直接会いたくない?」
「複雑な過去を持っていることは知っているけど、
私はあなたとあなたの娘を助けたい」と交渉するトゥエロ。

「覚えておく」というニック。

この2人もまた、
なにか取引しそうな雰囲気がありますね。

ニックには、ニコルと会ってほしいですね〜。

スポンサーリンク

また、お葬式会場から帰って、
ジャニーンのところに来るエスター。

パトナムの家から盗んできたチョコレートを、
一緒に食べながら、
「他の誰かが赤ちゃんを育てるとしても、
赤ちゃんの小さな手足が自分の体の中で成長していくってすごいこと、
あなたが妊娠しているときは、お姫様のように扱ってくれるよ」と
先程の話の続きをするジャニーン。

「初めて会ったとき、
あなたのこと本当は好きじゃないと思ったけど、
やっぱり最初の直感は正しかった」と言うエスターに
びっくりするジャニーン。

エスターは、結局私のことを気にかけてたんじゃなくて、
娘に会いたかっただけでしょ?
リディアみたいに嘘をついて私を利用した、
ここのみんなとあなたは一緒だと静かにジャニーンを非難するエスター。

ジャニーンは、ジューンが私を助けたように、
私はあなたが生き残るのを助けようとしていただけ!と主張するも、
あなたはジューンじゃない、あなたが大嫌いだ!と言われてしまい…

そして、チョコレートをかじりながら、
激しい咳をするエスター。

そしてなんと、2人とも血を吐き倒れ…

そこにリディアたちがやってくるも、
2人共意識を失ってしまって。

この展開には、すごくびっくりでしたね。
チョコレートに毒でも入れていたのでしょうか。

ジャニーンもついに死んじゃうんですかね。
メインキャラクターなので、
なんとか生きていてほしいですね。

一方、フレッドの葬式会場では、
お棺を前に涙するも、
お棺とともに出発するセリーナ。

国民が道路脇に集まって、
お棺とともに行進するセリーナや司令官・妻。

集まった市民やハンドメイド、
そして子どもたちの中にハンナもいて…

フレッドのお葬式は、
セリーナの提案通り、
国際的な大イベントになったんですね。

同じ時、久しぶりに2人きりでデートをと、
バレエを見に来ていたジューンとルーク。

その帰り、街の大画面に映し出されたライブニュースで
ギレアドの司令官・フレッドの葬式の様子が、
全世界に生放送されていて…

これにはすごく驚くジューン。

さらに、セリーナに花を渡す役目を、
なんと2人の娘のハンナが!

大画面にハンナが映し出され、
そしてセリーナの顔のアップ。

これは…ジューン、
セリーナにやられましたね。

さすがセリーナもやられっぱなしではない、
強い女性ですね。

今後、この2人の戦いがどう決着をつけるのか、
また、ジャニーンとエスターは本当に死んでしまったのか、
次回が本当に楽しみです。

※第2話については、
【ハンドメイズ・テイル】シーズン5第2話のあらすじと感想【ネタバレ】にあらすじと感想を書いています。

スポンサーリンク

まとめ

  • セリーナはフレッドの遺体とともに、ギレアドへ帰国。お葬式を国際的なイベントにして、全世界に生中継させることに成功。
  • ジャニーンは葬式会場で、パトナム家で生んだ娘・アンジェラと再会。
  • エスターが持ってきたチョコレートを食べたジャニーンとエスターは、血を吐いて倒れる。