当ブログ1番人気!
アメリカ生活の為に日本から持参した食材

アメリカのイースターの楽しみ方って?過ごし方やお菓子を紹介

こんにちは!

さおりです。

イースター(復活祭)は、
キリスト教徒の多いアメリカでは、
とても重要なお祭り。

スポンサーリンク

そこで、今年(2019年)のイースターの日にちや
アメリカではどんな風に楽しむか、
アメリカで買えるイースターのお菓子などを
こちらで紹介したいと思います。

イースターとは

イースターは、
十字架にかけられて死んだイエス・キリストが
3日目に復活したことを祝うお祭り。

「春分の日を過ぎて、最初の満月の次の日曜日」なので、
毎年日にちが異なります。

今年、2019年は4月21日。

イースター前の金曜日を、
グッドフライデー(聖金曜日)と言い、
州によっては、祝日とする企業もあります。

※去年、私が通っていた学校は休日扱い、
3連休を利用して、
ニューメキシコに車旅行へ行きました。
(その様子はコチラ

イースターの象徴として、
カラフルに装飾された卵(イースター・エッグ)や
卵を運んでくるウサギ(イースター・バニー)があり…

イースターのシンボルになっています。

メインイベントは卵ハンティング!

復活祭の遊びとして、
庭や室内に卵を隠して、
子どもたちに探させるというイベントがあります。

教会やアパートのイベントとして
催されることが多く、
3年ほどアメリカに住んでいる外国籍の友達は、
毎年子どもを参加させていると言っていました。

そんなエッグハンティング、
実は去年アメリカで、
私たちの住んでいたアパートでは、
大人向けのイベントとしても開催され、
とっても盛り上がりました。

卵型のケースにお金が入っていて、
見つけた人がもらえるという、
夢もかけらもないようなゲーム。笑

私は残念ながら
見つけることが出来ませんでしたが、
大の大人が卵を見つけるために、
アパートの広場を探し回っている姿は、
なんともシュールで面白かったですね。

スポンサーリンク

アメリカで買えるイースターのお菓子

アメリカのスーパーでは、
この時期イースターにちなんだお菓子がたくさん。

現在、アメリカに出張中の夫に、
今年(2019年)売られているお菓子を、
調査してきてもらいました!

まずは、アメリカで人気のチョコレート
GHIRARDELI から3種類。

ウサギ型のミルクチョコレート、
キャラメルの入ったミルクチョコレートは、
ウサギ型と卵型2種類。

子どもだけでなく、
大人も楽しめますね。

また、こちらもアメリカで
人気のあるチョコレート、
russell stover のウサギ型チョコ。

ピーナッツバターカップで有名な
Reese’s のウサギさんパッケージや egg 型など。

 

その他 HERSHEY’S や Doveなど、
本当に色々な会社から、
卵型やらウサギなどのものが、
発売されています。

イースター限定のお菓子は、
可愛いものが多いので…

 

さおり

私もぜひお土産に買ってきてもらって、日本でアメリカのイースターを感じたいな~!

 

もー!遊びに行っているんじゃないんだよ~?

.

スポンサーリンク

まとめ

  • イースター(復活祭)は、キリスト教徒の多いアメリカではとても重要なお祭り。
  • 毎年、春分の日を過ぎて、最初の満月の次の日曜日がイースター。
    その前の金曜日がグッドフライデー。
  • イースターのイベントとして、エッグハンティングを催す教会やアパートもある。
  • スーパーでは、イースターにちなんだ卵型やウサギ型のチョコレートがたくさん売っている。