エルサルバドルってどんな国?!治安やおすすめスポット情報

こんにちは!

アメリカ生活353日目、さおりです。

最近、英語学校のスピーキングクラスで、
友達になったエルサルバドル人。

スポンサーリンク

エルサルバドルっていったい…どんな国?!

全く聞き慣れないその国がどこにあるのか、
治安は?特徴は?など、
彼から聞いた情報をまとめて、
こちらでシェアしたいなと思います。

エルサルバドルという国

さおり
はじめまして。あなたはどこ出身なの?

 

エルサルバドル人
エルサルバドルだよ!メキシコの下の方。

 

そんな風に知った、
エルサルバドルという国の名前。

地図上で確認してみると、
メキシコの下にグアテマラがあり、
その下に位置するこじんまりとした、
小さな国が彼の出身のようです。

言語はスペイン語、
首都はサンサルバドルで、
中央アメリカで唯一、
カリブ海に面していない国。

四国よりちょっと大きい位で
国土面積は狭いですが、
日本の人口密度とほぼ変わらない位で、
小さい割に結構人が住んでいるようです。

ギャング2大勢力

エルサルバドルは、
世界の中でも殺人が多い国と言われていて、
その最大の原因は2大ギャングの存在だそう。

MS-13(通称13)と18th-St(通称18)

それは警察よりも強いと、彼は言います。
組織が成長するスピードがすさまじく、
警察の手には、負えないのだそうです。

ロサンゼルスにも進出し、
勢力を拡大していて、
全米でも有数のギャング集団として有名なよう。

また、彼らによる盗みや恐喝は、
エルサルバドルで頻繁に起こっていて、
たとえ、家族を殺されたとしても、
被害者は絶対に警察に連絡しないのだそう。

なぜかというと、
警察に連絡したとなれば、
彼らは戻ってきて、
家族全員を皆殺しにするから。

エルサルバドル人
実は、来年にはエルサルバドルに戻らないといけないんだよね。

 

さおり
え?なんで?!

 

エルサルバドル人
トランプ大統領の移民政策で、2019年の9月までに帰国しないエルサルバドル人は強制送還させると発表したんだ。だから、アメリカにいられるのもあと1年かな…。

 

私は、びっくりして、
そんな危険な国に帰って、
どうやって無事に生きていくの…?
ときいたところ。

エルサルバドル人
家族や友達が、安全な地域・彼らの縄張りなど、詳細に教えてくれるから大丈夫。

 

エルサルバドル人
それに、彼らは必ず体に13か18のタトゥーを入れているから、見ればすぐにわかるし、自分が被害にあわないよう気を付けることは出来ると思う。

 

彼は、自分が現地人なので、
生活はしていけると言っていました。

ただ、観光客だとそうはいかず、
アクセサリーや時計など付けているだけで、
金銭目当てで殺されるリスクは高いとのこと。

私の学校にはイラク出身の人が多く、
内戦の話などは聞いたことがありますが…

これまた違う意味で、
世界にはこんなに危険な国があるのかと、
ややカルチャーショックを受けたのでした。

スポンサーリンク

ビーチが綺麗

そんな治安の悪いエルサルバドルですが、
悪いところばかりでもないだろうと、
良いところを聞いてみることに。

さおり
あなたは自分の国のことが好き?

 

エルサルバドル人
もちろん好きだよ。家族も友達もみんな住んでいるし。

 

さおり
どんなところが好きなの?エルサルバドルの素敵なところを教えて!

 

エルサルバドル人
うーん…ビーチや川がとてもきれいなんだ。長ーい砂浜とか。

 

エルサルバドル人
ホーリーウィーク(キリスト教における聖週間)には、家族も友達もみんなビーチに集まるんだ。

 

試しに、「エルサルバドル」「ビーチ」で、
画像検索してみると
確かに、とてもきれいな風景。

ビーチの方は、比較的治安もよくて、
世界中のサーファーが集まるそうです。

この国が世界でもトップ10に入る、
殺人発生国だなんて、全然思えない。

さおり
いつか、行ってみたいけど難しいかなあ…。

 

中央アメリカの小国に思いを馳せる
イングリッシュスクールの一幕なのでした。

スポンサーリンク

まとめ

  • エルサルバドルは、中央アメリカに位置する小さな国。
  • 2大ギャングが原因で治安は悪く、殺人発生率は高い。
  • ビーチはとても美しく、国外・国内からたくさんの人が集まる。