格安SIM・IIJmio と UQモバイルを比較
~駐在夫婦の帰国準備~


こんにちは!

アメリカ生活341日目、です。

日本へ帰国後、早急に必要になるのが、
携帯のSIMの契約…。

スポンサーリンク

アメリカに来るまで、
僕はドコモユーザーだったのですが、
利用料金が高めなので、
この機会に、格安SIMに乗り換えを検討。

そこで今回、日本で番号保管をしている
ドコモを復活した場合かかる金額や、
格安SIMの中でも評判の良い、
UQモバイル と IIJmioを比較してみた結果…

IIJmioに契約しよう!と決めた理由について
こちらに書きたいと思います。

日割りが効かないドコモ

僕が1年前まで、
日本で使用していたのは、
NTT docomo

渡米中は、電話番号保管 (400円) と
メールアドレス保管 (100円) 計・月500円 で
電話番号とメールアドレスをキープしていました。

ドコモに電話して、
今月末に日本帰国後、利用を再開すると、
いくら位かかるのか聞いてみたところ…。

月末に4日間利用するだけでも、
7,000はかかるとのこと!

 

さおり
それは高すぎるね!なんでなの?!

 

それが…使用料の大部分に日割りが効かないらしいんだよ!

 

正確に言うと、
カケホーダイプランとデータプランは
日割りが適用されず…。

SPモード(月300円) という謎の費用だけは
日割りが可能ですという、なんとも複雑な説明…。

ただ、大部分の料金に、
日割りが適用されないので、
どんなに使用しなくても、最低7,000円。

4日間しか使用しないのに
7,000円も払えないですよね・・・さすがに。笑

いつかは格安 SIM に乗り換えよう!
と思っていたのですが…
今がその時だと確信し、
このままドコモを解約することにしました。

※せっかく番号保管をしていたので、
MNP制度で番号そのままで、
他キャリアへ移る予定。

その場合は、MNP手数料2,160円
違約金10,260円がかかりますが、
それを考えても他社にうつる方が、
得だと判断しました。
(違約金は更新月であればかかりません)

スポンサーリンク

IIJmio と UQ mobile を比較

今回は、数ある格安 SIM の中でも、
特に顧客満足度が高いと評判の
IIJmioUQモバイル を比べてみることにしました。

※実際に僕が契約した場合を想定し、
以下のプランで比較しています。

  • IIJmio→ライトスタートプラン 音声機能付きSIM タイプD
    (以下の表は、2018/07/31までのキャンペーンを適用したものです)
  • UQモバイル →おしゃべりプランM
    (以下の表は、イチキュッパ割というキャンペーンと
    データ容量最大2倍・2年間無料キャンペーンを適用したものです)
IIJmio と UQ mobile についての比較
  IIJmio UQモバイル 
初期費用  事務手数料 1円
+ SIM発行手数料 394円
SIM発行手数料 3,240円
月額 1年目:1,920円
2年目:2,220円
1年目:3,218円
2年目:4,298円
(1回5分以内であれば通話無料)
データ量 1年目 9GB
2年目以降 6GB
24ヶ月間 6GB
25ヶ月以降 3GB
解約時の違約金 1年以上使えばなし。
1年未満の場合:
(12-利用した月数)×1,000円
2年縛りありの自動更新。
解約月以外は契約解除料9,500円。
キャンペーン 2018年7月31日までの申し込みで、初期費用の事務手数料1円・初年度使用可能容量、月3GB増量&300円引き。 多数キャンペーンがあり、対象商品に申し込むことでそれぞれの特典がある。

通信速度の口コミ 他の上位の格安SIMと比べて比較的通信速度が早い。 他の格安SIMと比べてダントツで早い。
個人的な感想 キャンペーンがすごい。
料金プランが少なくわかりやすい。通信品質が心配。

ドコモよりは安くなることは確実だが、そこまで格安ではなく、解約もしにくい。
iPhoneでテザリング不可。

結果

  • とにかく安くしたい人・iphoneでテザリングをしたい人は、IIJmio
  • 品質を落とさずに、格安simに乗り換えたい人は、UQモバイル

…だと感じ、僕は、
IIJmio
を選択することにしました。

どちらを選んだとしても、
問題なさそうでしたが、
決め手になったのは、以下の4点。

  1. キャンペーンがお得!
    2018/07/31までの申し込みで、
    初期費用の事務手数料1円・
    初年度使用可能容量が月3GB増量&300円引きになること。
  2. とにかく安いこと。
  3. 解約しやすいこと。
  4. Iphone 7 でテザリングができること。

でも、品質がUQモバイルの方がいいという噂が、唯一気になるなあ…無料通話もないし心配だ…。

さおり
アメリカのさほどよくない通信品質でも生活できてたんだから、日本の品質なら大丈夫なんじゃない?気にしすぎだよ!

IIJmioに問い合わせ

IIJmio に決めたのはいいですが、
「日割りが効くのか?」については、
確認する必要がありました。
(そもそもdocomoを解約する理由がそれ)

電話で問い合わせてみると、
月額料金とデータ量の両方が
日割りになるそうです。

ただし、日割りの月は、
キャンペーン(初年度月300円オフ・3GB増量)の適用はないそう。

例えば、7/28 ~ 7/31 の 4日間使用した場合…

料金:2,220円(キャンペーン適用なしの金額)を31(日)で割り、
1日分の金額×4(日)という計算式で、大体300円程度。

データ量:6GB (キャンペーン適用前のデータ量)を31(日)で割り、
1日分のデータ量×4(日)という計算式で、大体775MB使えるよう。

翌月からは1年間キャンペーン通り、
300円オフ+3GB増量で使用できるようです。

なので、月末から利用を開始するという
今回の特殊なケースに限りですが、
7月末の4日間では、docomo より、
月額6,500円以上安くなることが分かりました。

また、申し込みの方法についても確認したところ、
アメリカからネットで申し込みを行い、
帰国日の3日程前に、実家にSIMが届くよう手配すれば、
すぐに使用が可能とのこと。

実際に上手く契約と利用開始ができたかは、
また後日こちらに書きたいと思います。

スポンサーリンク

おまけ・夫婦の携帯料金の変化

妻は、アメリカでは、
softbankのアメリカ放題を利用していたので、
帰国後も、そのまま日本でsoftbankが使えます。

…が、ちょうど妻が解約月なこともあり、
一緒にIIJmioに移るとのこと。

僕は、容量9GBの1,920円のプラン、
妻は、容量6GBの1,300円 のプラン。
(どちらもキャンペーン適用金額)

通話を多めにしても、
2人で5000円位かなという予想。

IIJmioに乗り換えない場合、
ドコモとソフトバンクで、
2人で15,000円はかかるので
なんと、月1万円の節約になりそうです!

スポンサーリンク

まとめ

  • docomoの利用を、月末に開始(再開)すると、
    大部分に日割りが効かず、損してしまうので要注意。
  • とにかく安くしたい人・iphoneでテザリングをしたい人は、IIJmio
  • 品質を落とさず格安simに乗り換えたい人は、UQモバイル
  • 2017/07/31 までは IIJmio がキャンペーン中でおすすめ。
  • 夫婦でIIJmio に乗り換えると…月1万円節約が可能かも!