ダラスのステート・フェア・オブ・テキサスに行ってみた(1)

こんにちは!

アメリカ生活75日目、さおりです。

ダラスで、9月29日~10月22日まで、
2017年度のステートフェアが、

フェアパークというところで開催されています。

ウイキペディアによると、
ダラスのステートフェアは、
全米でも最大規模で、
会期中の来場者数は300万人前後だそう。

スポンサーリンク

お祭り好きの私たち夫婦が、
そんなイベントに行かない手はない!と、
さっそく行ってきた感想をレポートしたいと思います!

長くなってしまったので、2回に分けて書きます。

駐車場の値段

ダラスは、言わずと知れた車社会。

家の近くに電車の駅は無いし、
出かけるとなると車で、となってしまいます。

当然、ステートフェアも…。

しかし、以前ダラス水族館に行った時、
駐車場が10ドル近くしたことを思い出し、
きっと、結構駐車場代がかかるのかなあと思い、
ネットで調べても駐車場についてはいまいちよくわからず…。

実は、私のUBERの紹介割引を、
まだ使っておらず、
使うタイミングを考えていたので、
今日なら夫もフェアでビールも飲めるし、
駐車に苦労することもないかなと、
UBERで行くことを提案。

※ちなみにUBER紹介割引とは、
紹介したり、紹介されたりすると15ドルもらえる仕組み。
初回のみ、その割引が使えるため、
もしこれから登録を考えている方で、紹介がない方は、
私の招待コード「s9wjea」を入れて登録してもらえば、

15ドル分の無料乗車がプレゼントされます!

ルートを調べてみると、
片道14ドル位だったので、
割引を使えば片道分の料金で往復出来るので、
UBERで行くことにしました。

10時前位に家を出たのですが、
ステートフェアの行われる
フェアパークに近づくと道が混み始め、
近くの駐車場に入る為に、10台以上並んでいるようでした。

その脇をすり抜け、フロントゲートに向かいます。
その間3か所の駐車場を通りました。

1番安いところは10ドル、
1番高いところでは20ドルの文字が…。

停めるのに時間がかかったり、
20ドルも駐車場代を払うなら、
どこに住んでいるかにも寄りますが、
UBERを使ってしまった方が良いかもしれません。

入場券の入手法

ダラスの電車・DARTのフェアパーク駅のすぐ近くに、
パークのフロントゲートはありました。

最初に荷物検査。
その際、チケットをすでに持っている列と、
チケットを買う列に分かれます。


私たちが行ったのは金曜で、
そんなにすごく混んでいるわけではなかったので、
事前に買っていかなくてもスムーズに、
入場券を購入できました。

しかし、土日はかなり混みあうそうなので、
オンラインでチケットを買っていった方が良さそうです。

オンラインでは、チケットが16.5ドルと書いてあり、
2人で3ドル安くなるなら、
私たちも事前にオンラインで買っていこうと思ったのですが、
決済を進めていくとお申込み手数料3ドルと書かれていて。

なんだこれなら、当日買うのと金額変わらないジャンと思い、
プリントするのが面倒くさいので、
当日買うことにしました。

窓口でチケットを買うと、18ドル×2で36ドル。
特に、Taxもかからなかったです。

ドル払いではなくクーポン

チケットを購入し、ゲートを通ると、
COUPONSと書かれた場所が何か所かあり、
そこに人が並んでいます。

ドルをクーポンに替える場所のようです。
フェアパークの中での飲食や乗り物はほとんど、
クーポンでの支払い。

人のいる窓口は、
最低20クーポン10ドルから売られていて、
機械の窓口は、
最低30クーポン15ドルからの販売でした。

私たちは、
1人15ドルは使うかなと、
60クーポン30ドル分購入しました。

たくさん買えば買うほど
安くなるのかなと思ったのですが、
どうやらそういう訳ではなく、

いくら買っても2クーポン=1ドルなので、
少なめに買って、後で必要になったら買い足すというのが良さそうです。

色は、私たちはブルーでしたが、
他にイエローやピンクを持ってる人もいて、
価値は特に変わらないようでした。

500mlの水は、
6クーポン=3ドルで売られているところもあれば、
最安で2クーポン=1ドルのところもあるので、
よく見て買った方が良いです。

スポンサーリンク

ビッグテキサス

フロントゲート近くには、
ビジターズガイドの冊子があり、

その中にはマップやお得な情報があるので、
もらっておくのがおすすめ。

中はかなり広く、
フロントゲートからまっすぐ歩いていくと、
テキサスステートフェアのマスコット、
ビッグテキサスに出逢えます。

本当にビッグで、
55フィートと書かれていたので、
16.7メートルもあるみたい。

しかも、たまに口が動いて何か話していました!

さすがシンボルマークの為か、
平日の10時半にも関わらず、
かなりの賑わいでした。

ステートフェアのグッズで、
ビッグテキサスのスーベニアカップが、
20クーポン=10ドルで売られていて、
会場にはそれを持っている人がたくさんいます。

会場内には、
リフィルステーションがたくさんあり、
飲み物の種類にもよるみたいですが、
4ドル~6ドル位でカップ一杯にできるようです。

私は、そのビッグテキサスのスーベニアカップが
なぜだかどうしても欲しくてたまらなくて、
家でも使えるし、日本では絶対に買えないし、
なんとしても買って帰ろうと思ったのですが…。

本当に、家に置いてあって嬉しいか考えてみて。

暗い部屋で、このカップがテーブルに置いてあるの見つけたらホラーだよ。

冷静になって、これ…本当に欲しい?

夫に真剣に説得され、買うのを断念しました。笑

変わり種フライとコーンドッグ

食べ物のお店は本当にたくさんあって、
何を食べるか悩んでしまったのですが…

メインステージ近くにある
「SWEET SPOT」というお店では、
特に変なものを揚げていました。

オリーブやオレオ、
レモネードも揚げているよう!

なんでも、このイベントでは毎年、
ビッグテキサスチョイスアワードというものを、
決めているようで…

変わった食べ物を試したい方は、
ビジターズガイドを見ながら、
食べ歩きも楽しいかもしれません。

以前のステートフェアでは、
フライドビールやフライドバターなどもあったようなので、
アメリカ人の大好きなレモネードを揚げるというのは、
当然の発想でしょうか。

私は試さなかったのですが、
もし勇気のある方は、食べてみてください!

夫の同僚の「コーンドッグをたくさん食べてきな」
というアドバイスに従い、
私たちは、やけに長いFOOT LONG CORN DOG(12クーポン)と
STEAK OR CHICKEN SANDWICH(12クーポン)をチョイス。



コーンドッグは、
日本でいうアメリカンドッグで、
アメリカでは衣の部分が小麦ではなく、
コーンミールで出来ているらしく、
コーンドッグと呼ばれているそうです。

本当に至る所で売られていて、
行きかう人行きかう人、
みんなコーンドッグ片手に歩いていました。

コーンドッグは甘くて美味しかったし、
サンドイッチも、普通に美味しかったです。

スポンサーリンク

まとめ

  • フェアパーク近くの駐車場は、10ドル~20ドル位する。
    (2017年10月現在)
  • 入場券は、平日なら当日でもそこまで並ばずに買える。
  • オンラインで買う場合、申し込み手数料がかかる。
  • パーク内の支払いは、クーポン。
  • クーポンは、オンラインで買っても、多めに買っても1ドル=2クーポン。
  • パーク内の食べ物は、揚げ物とコーンドッグが大半を占める。