[WDW]アニマルキングダムパークまとめ


こんにちは!

アメリカ生活217日目、さおりです。

先日、フロリダ州オーランドにある、
ウォルトディズニーワールドの
4つのパークを体験してきました。

スポンサーリンク

今回は、野生動物や恐竜
アバターの世界を覗くことが出来る、
アニマルキングダムのアトラクション、
グリーティングやショーについて書きたいと思います。

アトラクション

エクスぺディション・エベレスト

こちらはアジアエリアにあるジェットコースター。

ファストパスを取っていたのですが、
午前中ずっと休止していて、
午後やっと運転が再開して乗ることが出来ました。

乗ってみたら、私も夫もドはまりしてしまい…。

最初の1回以外は、
待ち時間ほとんどなしのシングルライダーで
別々に連続2回も乗ったほど!楽しすぎました。

何が楽しいって景色が絶景だし、
ジェットコースターなのに演出も素晴らしくて、
「え?このあとどうなるの?」ていうハラハラ感とか、
ストーリー性もばっちりで本当に楽しいです。

絶叫ってほど、怖くも無いし、
すごくおすすめのコースターです。

アバターフライトオブパッセージ

ウォルトディズニーワールドで、
現在1番人気のアトラクション。

こちらは以前、
乗るための方法と感想について
こちらに書いています。

アバターフライトオブパッセージ攻略法!WDW・1番人気に乗るために

ナビィリバージャーニー

アバターフライトオブパッセージと同じく、
パンドラエリアにあるアトラクション。

映画の中で出てきた、
熱帯雨林の中の川をボートで下ります。

パンドラの世界観がよく再現されていて、
出来たばかりなこともあってか、すごく綺麗。

待ち列にも、パンドラの植物の紹介が、
写真入りで書いてあり、飽きないです。

ダイナソー

ジープ型タイムマシンに乗って
タイムスリップし、恐竜たちの世界へ。

東京ディズニーシーの
インディージョーンズみたいな感じで、
暗くて、落ちないけど激しい揺れで、楽しいです。

プライミーバル・ウィール

子供向けコースターですが、
十分スリルがあります。

と言うか大人がのる方が怖いかも?

キューカーブが多く、
遠心力で落ちそうになる感じが、
他のコースターとは違った怖さです。

4人乗りなので、
アメリカ人の子ども2人と相乗りだったのですが、
私たちの方がだいぶ悲鳴を上げてましたね。

キリマンジャロサファリ

サファリパークみたいな感じで、
ゾウやカバなどの動物を見ることが出来ます。

私は、連日パークにいる疲れが出て、
車の揺れがいい感じに眠気を誘い、
ほとんど観ることができないというミス。笑

でも、放し飼いにされている動物たちを、
車から見ることが出来るという体験は、
動物園とはまた違った感覚だと思いますので、
とてもおすすめなアトラクションだと思います。

イッツタフトゥーバグ

「バグズ・ライフ」の映画の世界を味わえる、3Dシアター。

これは、シアター系のアトラクションですが、
想像以上に楽しいです。

何が楽しいかと言うと、
ただ見てるだけじゃなくて、
座っている椅子に仕掛けがあって、
ドキッてさせられる演出が楽しい。

ねえねえ、昆虫とか割と苦手なんだけど…。

入るまでは、そう言って、
多少嫌がっていた夫も…。

何これ!うわー!すげー楽しかったー!

…とご満悦の様子でした。

スポンサーリンク

グリーティング

こちらのパークでは、
アドベンチャーアウトポストという場所で
サファリルックのミッキー&ミニーと、
グリーティングができます。

しかし、私たちはミッキーとミニーは、
東京でもグリーティング出来るし
…という感じで、割愛。

このパークでグリーティングはしない予定でしたが、
マジックキングダムの記事にも書いた通り、
マップ上にミッキーマークが付いているところには、
キャラクターがいてグリーティングができるのです。

私たちは、ダイノランドUSAを歩いていたところ、
たまたまドナルドのグリーティング列ができているのを発見。

ドナルドとは、
まだ写真を撮っていなかったので、並ぶことに。

しかし、いざドナルドと対面すると、
ミッキーの耳を付けて、
ミッキーTシャツを着ている夫に、
ドナルドは激おこぷんぷん丸!(古い)

写真撮影の時も、
手で顔を隠され、
全くいい写真が撮れないという悲劇。笑

でも、斬新なドナルドに貴重な思い出が出来ました。

ショー

※画像はメモリーメーカーに入っていたものを使用

このパークの夜のショーは、
2017年2月~始まったばかりのリバーズオブライト。

私たちもこれはぜひ観たいと思っていたのですが…。

ハリウッドスタジオのファンタズミックショーが、
一度、雨のため途中で中止になったことから、
別日に観に行くことに予定変更した関係で、
このショーを諦めることに。

夜のショーの感想はかけないのですが、
その代わりに昼間に観た
ライオンキングのショーの感想を。

フェスティバル・オブ・ザ・ライオンキング

ライオンキングがテーマのミュージカルで、
大迫力のアクロバットや鉄棒パフォーマンス、
炎を使った演出もあります。

生歌や観客の盛り上げ方もすごかったのですが…
30分と公演時間が長すぎて、
私は後半、少し飽きてしまいました。

ショー自体は本当に素晴らしいもので感動したのですが、
なにせ連日朝早くから夜遅くまでパークにいるもので、
三十路の身体は全く疲れが取れず、
座ると眠くなってしまうのです。笑

このディズニーワールドの旅行を通じて、
もう若くないんだなあと、
着実に年を重ねていることに気づいた、
三十路駐在妻なのでした。

スポンサーリンク

まとめ

  • アニマルキングダムは、楽しいアトラクションが充実。
  • グリーティングはアドベンチャーアウトポストという場所で
    サファリルックのミッキー&ミニーと会うことができる。
  • それ以外にも、パークの様々なところでキャラクターと遭遇できる。
  • ライオンキングショーは大迫力のアクロバットや鉄棒パフォーマンス、
    炎を使った演出もあるが、30分と公演時間が長い。