サーバーとWPテーマを変更しました!(9/15)

子なし駐在妻が鬱にならない為の心構え

こんにちは。

アメリカ生活90日目、さおりです。

駐在妻って聞くと、
大抵、海外で優雅に暮らしている女性を思い浮かべますよね。

スポンサーリンク

私も、日本にいた時は、
「もう働かなくていいんだ!」
「憧れの海外生活!エブリデイ自由時間!ひゃっほー!」
みたいな気持ちで、内心ウキウキしていました。

アメリカで英語ペラペラになって、
帰ってきたら、これからの仕事にも役立てて…なんて、
自分の都合の良いように考えて、
7年続けた職場を退職し、ここダラスへ。

そんな、アメリカ生活3か月目・新米駐在妻が思う、
限りある駐在ライフを楽しむために
必要だと思う心構えについて書きたいと思います。

英語はすぐには喋れるようにならない

本当に当たり前の話なのですが、
駐在妻になって、海外に住んでも、
住むだけで英語がペラペラにはならないんですよね。

確かに毎日英語シャワーだし、
どこに行っても英語だから、
慣れはするし、リスニング力も多少は上がる。

でも、留学ではないし、ホームスティでもない。

家で夫とは、もちろん日本語だし、
スピーキングなんて、頑張って話し相手を探して、
自分から積極的に話さなければ、全く伸びるわけないんですよね。

努力しなければ、
日本とそんなに状況は変わらない。

本当に当たり前のことなんですけど、
でも、生活してみると身に染みて、
私の甘い考えなんてすぐに吹っ飛びました。

海外で暮らしたって、
赤ちゃんじゃないんだから、
勝手に口から英語がでてきたりなんかしない。

でも反対に言うと、
自分が思っていたことって、
今後日本に戻って周りから思われることなんですよね。

この前話をした、こちらに来て7年目の奥様も、
最初の頃一時帰国した時、周りから、
1年も海外で生活してるんだから、もう英語ペラペラなんでしょって言われることが辛かったとおっしゃっていました。

すぐに話せないのなんて当たり前と開き直って、
自分を追い詰めず、自分の出来る範囲で、
まわりとコミュニケーションをとっていく。

「英語が話せない」
これが駐在妻あるある!と笑える位のスタンスで、
適度に努力していくっていうのがいいのかなと思います。

暮らすことを楽しむ

先に書いたように、
英語が出来ないことに焦って、
ムリして毎日英会話レッスンに通ったり、
義務感で勉強するのは、自分が思うより負担になります。

それと同じように、
せっかく住居にジムが付いているんだから毎日通わなきゃ、とか、
日本で通ったら月謝いくらかかるようなフィットネスがタダなんて、
お得だから全部参加しようとか、
そういう貧乏根性も自分の首を絞めます。

そして、仕事してないんだから、
自分の唯一の仕事である、
「家事はしっかりやらなきゃ!」
その考えは、もう最後の一突きです。

即死です。

まあ、これ全部、私なんですけどね。

コチラに来る直前まで、
仕事をしていたので、
家事オンリーという生活は、
最初の頃、なかなか感覚がつかめず。

しかも、車がないので、
一人で買い物には行けず、
夫に連れていってもらわなきゃいけない。

スーパーでは、
慣れるまで英語の表記を理解できず、
思いのほか買い物に時間がかかってしまうことが、
夫の自由時間を奪っているようで辛くて。

他の駐在妻さんは、
ほとんど妊娠しているか、子育てしているかで、
自分に引け目を感じたり。

毎日毎日、お弁当・ごはん・掃除・洗濯のループに
仕事の達成感を得られない私は、
満たされない、息苦しさを感じて。

憧れのアメリカ生活で、ゼーハーして、
意味もなく、突然泣き出したりしていた私に、
夫が言った言葉は。

 

今の生活を楽しみなよ。

さおり
……

 

これやらなきゃ、あれやらなきゃと一生懸命になって、
何の為に駐在妻生活を選んだのか、見えなくなっていました。

 

英語の勉強も、ジムに通うのも、日本でもできる。
でも、今あるこの毎日を楽しく笑って過ごすのは、今しかできないよ。
さおり
……

 

そう言われて、ハッとしました。

自分の気持ちに正直に、
毎日を過ごすだけでよかったんだ。

ただでさえ慣れない異国の地で、完全に自分を見失っていました。

スポンサーリンク

優先順位を決める

せっかくの海外生活で、
自分は何がやりたいんだろう、そう考えた時、
私が本当にやりたいことは、ブログでした。
(もちろん夫のアメリカ生活を支えるというのは1番ですが)

文章を書くことが好きで、
新しいことを始めたいと思っていたので、
1から勉強するには、今がチャンスだ!と。

ブログに関することを勉強したり、
記事を書き溜めたり、
その為にどんなに時間があっても足りない。

ブログも英語もフィットネスも、
全て一緒の速度で、
100%の力で同時進行していたから、
全部重荷に感じて、何をどうしていいかがわからなくて。

優先順位をはっきりさせるということが、
いかに大事なことか忘れていました。

一番大事なものを柱にして、
他にやりたいことがあったら、上手に生活の中に、
余っている時間に、はめこんでいく。

私の場合、今の気持ち的にはこんな感じ。

それもこうと決めたからと意地を張らずに、
また、やりたいことが出てきたら加えてもいいし、
割合を変えたっていい。

ムリして毎日、英会話レッスンに行かなくてもいいじゃん!

疲れてたら、ヨガ休んだっていいじゃん!(ズンバは休まないけど笑)

ブログ書きたいから、洗濯は明日でいいじゃん!

ぼーっとする時間だって大事じゃん!

それができるようになっただけで、
ずいぶん楽になりました。

 

自分の生活の中で、
1番大事にしたいことを決めるだけで、
駐妻生活は、意味のある楽しい日々になるのではないでしょうか。

せっかくの自由時間、
限りある駐妻ライフを目いっぱい楽しみましょ。

スポンサーリンク

まとめ

  • 英語が話せないのは、当たり前。
    出来ないことは、悪いことではない。
  • 暮らすことを楽しむ。
    やらなきゃいけないと思わない。
  • 駐在妻生活の中での、優先順位とその割合を決める。
    やりたいことを認識した上でやりたいことをやることによって、
    満足感・達成感を得る。