90分の宇宙体験!NASA トラムツアー in ヒューストン


こんにちは!

アメリカ生活308日目、さおりです。

先日、ヒューストンにある、
ジョンソン宇宙センターに行った際、
90分の NASA Tram Tour に参加しました。

スポンサーリンク

そこで、見学した3つの施設、
アポロ計画で実際に使われた管制室、
宇宙飛行士訓練施設やロケットパークなど、
詳しく紹介したいと思います。

Mission Control:管制室

4つほど車両が連結した
長―いトラムで、
最初に向かったのは,
Christopher C. Kraft Mission Control

このビルに入るやいなや、
だいぶ上まで階段で上がるので、
結構、疲れます。笑
(足の悪い方などは、エレベーター利用可能) 

階段をいくつもいくつも上がり、
ようやく歴史的な管制室へ。
(ガラス越しに見ることが出来る部屋です)

ここで席に座って、
係の人から説明を聞いたのですが…。

実際にこの部屋から、
人類史上初の月面着陸となる
アポロ11号の打ち上げ・離陸など、
ミッションコントロールを行ったと知り、感激。

中でも一番ビックリしたのは、
当時、現代のような小型・高性能のパソコンはなく、
コンピュータの容量は、わずか2メガバイトだったこと!

私たちのスマホ写真3~4枚位で、
そのキャパは越えるそうです。

さおり
それで、こんなにすごいミッションが行えちゃうんだ!

 

だって1969年なんて言ったら、
私が生まれる18年も前。

「あなたたちの持っているスマホで、
アポロ11号のミッションコントロールが全て行えちゃうんですよ~」

なんてお姉さんが言うもんだから、
なんだか人類の進歩を感じましたね。

 

ちなみにこういう話は、
男の人の方が興味あるかと思いきや…
私がビックリしているこの時、
エンジニアの夫は、隣の席で寝ていました。笑

さおり
こんな歴史的な施設で居眠りするなんて、こやつ大物にも程があるな…。

 

違うよ!目閉じて、集中して話を聞いてただけだよ!

 

Space Vehicle Mockup Facility : 宇宙飛行士訓練施設

トラムに乗り込み、
次に向かったのは、宇宙飛行士訓練施設。

そこでは、2階?の見学用の歩道から、
ガラス越しに訓練施設を見下ろすことが出来ます。

部屋自体はとても広く、天井が高くて、
たくさんの宇宙船があり、圧巻。

この施設内には、
いろんなタイプの原寸模型があり、
宇宙飛行士やエンジニアそれぞれに
異なった訓練ができるそうです。

次世代のロボット工学プロジェクトもあるよう。

訪問したタイミングなのか、
訓練している宇宙飛行士はみれませんでしたが…。

ここですべての宇宙飛行士が
訓練をしているのかと思うと、
同じ建物内に入ることが出来て、
なんだか嬉しかったです。

スポンサーリンク

慰霊樹

トラムに乗り、次のスポットに移動する際、
突然、走行速度がゆっくりになり、
ふと右を見てみると、そこにはたくさんの木。

木の根元には、何か書かれていて…。

それは、事故により、
亡くなった宇宙飛行士たちの慰霊樹でした。

一見、華やかな活躍ばかりがフォーカスされますが、
命をかけて任務にあたる人がいてはじめて、
宇宙は開拓されていくんだと感じた瞬間でした。

Rocket Park : ロケットパーク

最後の場所に到着、
すぐに目に入ったのが、
原っぱの中にそびえたつロケット。

写真撮影している人がたくさんいました。

そばに倉庫みたいな建物があり、
その中にはアポロ計画などに使用されたモデル、
Saturn V ロケットが!

さおり
うわあ…さすがに大きいなあ。

 

このロケットは、
今まで飛行した宇宙船の中で、
もっとも重く、高さがあり、
そしてパワフルなものなのだそうです。

その他、壁沿いには、
今までのアポロ計画(1号から17号まで)について、
乗った宇宙飛行士とその内容が詳細に書かれていました。

きっと私たちがこうしている間にも、
宇宙開発はドンドン進められていってる…。

さおり
いつか私たちも、宇宙旅行に行ける日が来るのかなあ。
スポンサーリンク

 

まとめ

  • 90分の NASA トラムツアーでは、
    宇宙船のミッションコントロールの為の管制室、
    宇宙飛行士訓練施設、ロケットパークをまわる。
  • ロケットパークでは、Saturn V ロケットを見ることが出来る。
  • ジョンソン宇宙センターには、事故を忘れないため、
    任務で亡くなった宇宙飛行士の慰霊樹がある。