アメリカの正月料理!ブラックアイビーンズの食べ方とは

こんにちは!

アメリカ生活158日目、さおりです。

1月2日から始まったイングリッシュスクール。
季節柄、お正月料理の話に…。

スポンサーリンク

日本ではおせち料理やお餅を食べるように、
アメリカではブラックアイビーンズという豆を食べるよう。

生まれも育ちもテキサス!
そんなおじいちゃん先生に聞いた、
正月の豆の食べ方とチキンフライドステーキについて書きます。

アメリカの正月

2週間ぶりのイングリッシュスクールで、
火曜日担当のおじいちゃん先生と、
12/31やお正月の過ごし方について話していました。

 

さおり
ほとんどの日本人は、歌番組を見て年を越すんだ!(紅白のこと)
でも今年は、ニューヨークタイムズスクエアの中継を見ていたよ!

 

先生
私は毎年見ているから、飽きちゃって21時には寝ちゃったよ。ハハハ…。

 

そんな話から、
話題は日本のお正月料理の話に…。

 

さおり
日本ではお正月に食べる”おせち”という料理やお餅を食べる習慣があるよ。
アメリカではお正月は何を食べるの?

 

先生
ブラックアイビーンズという豆を食べるんだ。

 

さおり
豆を食べる?!
アメリカの正月ってそんなにヘルシーなの?笑

 

アメリカ人は脂っこいもの好きのイメージがあったので、ビックリ!

 

さおり
それって何?どうやって食べるの?

 

ブラックアイビーンズの食べ方

 

先生
ブラックアイビーンズは、黒い目のような色がついているからそう呼ばれているんだ。

 

そういって先生は、
ノートに絵を描いてくれました。

ブラックアイビーンズは、
1年健康でいられるようにという
縁起担ぎの食べ物のようです。

ウォルマートでもターゲットでも、
どこのスーパーでも売っているとのこと。

 

先生
食べ方は普通に、煮て食べるんだよ。

 

さおり
へぇー!アメリカ人も煮豆とか食べるんだなあ。

 

さおり
それって豆だけで食べるの?

 

先生
ハハハ…。
もちろん何かの付け合わせで食べるんだよ。
うちは、チキンフライドステーキとマッシュポテトと一緒に食べたよ。

 

やっぱり来た…!
アメリカ人のソウルフード…揚げもの!

 

さおり
チキンフライドステーキって何?

 

スポンサーリンク

チキンフライドステーキ

聞いたところによると、
チキンフライドステーキは、
小麦粉と卵の衣をつけて揚げたものだそう。

しかもそのお肉は、チキンではなく牛肉だと…!

 

さおり
え?なんで?
チキンって言ってるのに?

 

先生
ケンタッキーフライドチキンは知ってる?
それと同じような衣がついてるからじゃないかな。

 

先生
揚げているのになぜかステーキと言って、これが美味しいんだよ。
健康に悪そうだけど、ここら辺の人はみんなこの料理が大好きなんだ。

 

そう言って、
生まれも育ちもダラスのおじいちゃん先生は、
でっぷりとしたお腹を揺らして笑っていました。

 

家に帰ってから調べてみると、
チキンフライドステーキは、
テキサス発祥の料理らしく。

赤身の牛肉を叩いて薄く引き伸ばして揚げることで、
そのまま食べたら固くてまずいお肉を、
美味しく食べるために考えられた家庭料理だそう。

場所によっては、
カントリーフライドステーキとも
言われるみたいですね。

何でも試したがりの私は、
この料理の本場に住んでいるとなると、
食べないわけにはいかない!と思うのですが…。

さおり
想像するだけで胸やけが…!

 

普通に美味しそうじゃん!食べたいよ!作って!

 

さおり
…え?

.

スポンサーリンク

まとめ

  • アメリカのお正月は、ブラックアイビーンズという豆を食べる。
  • チキンフライドステーキは、牛肉を揚げるテキサスの郷土料理。