アメリカで知った英語のタブー表現!
ドラマの真似には要注意


こんにちは!

アメリカ生活339日目、さおりです。

こちらで暮らしていて、
タブーだなと感じる英語表現。

スポンサーリンク

英語圏で生活して早11ヶ月、
日常生活では使わない方が
無難な言葉というのが分かってきました。

アメリカドラマの中と、
日常生活は全く別物。

うっかり口にしないように
気を付けている表現について、
こちらに書きたいなと思います。

Oh my God は使わない

オーマイガーって、
日本でも有名な表現ですが、
こちらでは言う人がとても少なく…。

God を別の言葉に言い換える人が、
圧倒的に多いことに
アメリカに来たばかりの頃は、驚きました。

God とはっきり発音したのを聞いたのは、
この11か月間で1回だけ。
(私はそんなに広い範囲で、
アメリカ人と関わっているわけではないので、
限定的な統計かもしれませんが…。)

Oh my God の代わりに…

  • Oh my gosh. (god→gosh)
  • Oh my goodness. (god→goodness)
  • Oh my …(godを言わない)

この3つのパターンが最も多く聞く表現です。

その理由としては、
God(神)の名は、
軽々しく呼ぶものではないという
考え方から来ているよう。

絶対NGという訳ではないですが、
私は、敬虔なクリスチャンがいても、
失礼に当たらないように…

自然に Oh my God は言わないよう、
気を付けるようになりました。
(無難に Oh! No! とか言うようにしてます。)

What the hell.

オーマイガーに少し似た表現ですが、
アメリカドラマなどで、
What the hell !!(なんてことだ!)
という言葉がよく使われていますが…。

これについて、
詳細な使い方を知りたくて、
以前、ネイティブの先生に聞いたところ、
「さおりは絶対使わないように!」と釘を刺されました。

Hell は、地獄を意味し、
とても失礼なワードなので、
使わない方が無難とのこと。

さおり
え!でもドラマでもかなり使われているし…。

 

先生
アメリカのドラマでは、よくない言葉がどんどん使われているのが困りものなのよね。
その言葉は、私は絶対に使わない。使ったことない。

 

他の先生にも聞いてみたところ…。

先生
Hahaha…絶対に公共の場で使ったらだめだよ。例えばアパートの管理人さんとかに言ったらビックリされちゃうよ。

 

先生
もしその言葉を公共の場で使っている人を見かけたら、私ならその人のことを教養のない人だなと思う。

 

さおり
えー!そうなんだー。

 

先生
さおりも知っておくことは大事なことだけど、使うのは家族位にしておきなさい。

 

Oh my Gosh のように、
代わりの言葉として…

  • What the heck.(hell→heck)
  • What in the heaven’s name.(hell→heaven’s name)

を教えてもらいましたが…
極力使わない方が無難とのこと。

スポンサーリンク

アメリカドラマの真似は危険

日本のテレビでは、
放送禁止用語というのが明確にあって、
ピーで隠されたり、編集されたりというのが、
当たり前ですが…。

アメリカのTVドラマは、
PG指定されているのがほとんどで、
結構、公共の場で使うべきではない言葉が
たくさん使われていたりします。
(ゴシップガールやフレンズでも、15歳以上)

先に書いた Hell などは、
Curse words や Swear words
Four-letter-words に当たり、下品な言葉。
(具体的な単語は、ネットで検索すると、
たくさん見つかると思います。)

アメリカドラマ
SATC(Sex And The City)なんかは
主人公の女性4人が、
ガンガン使っているのですが…。

だからといって、
普通に使用していい言葉というわけでなく、
ドラマの中でも、
レストランで注意される場面もある位、
やっぱりよろしくない言葉ではあるのです。

自分の国に置き換えて考えてみると、
日本に来ている片言のアメリカ人や中国人が、
日本語で「今日、クソあっちーな」
とか言ってたら、割と引く…。笑

そういうことなのだと、思います。

日本人同士でも、クソとか汚い言葉は、
身内やすごく仲の良い友達の間以外、
公共の場で使わないのが、
暗黙の了解なのと同じなのでしょうね。

※使わないという意味で、
どんな言葉なのか知ることは大事ですが…。

ドラマを観るのは、
英語のいい勉強になりますが、
安易に真似はしない方が良いということは、
アメリカに来てから学んだことの1つだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

  • 敬虔なクリスチャンは、
    神の名を軽々しく口にするのを嫌うので
    Oh my god. は違う言葉に良い変える方が無難。
  • What the hell など、
    アメリカのドラマで普通に使われている言葉でも、
    日常での使用は気を付けた方が良い。
  • Curse words や Swear words、
    Four-letter-words と言われるものは、
    基本使用しない方が良い。