ブラックフライデー!アメリカのアウトレットへ行ってみた

こんにちは!

アメリカ生活116日目、さおりです。

サンクスギビングの翌日は、
ブラックフライデー!

スポンサーリンク

周りのアメリカ人からは、
凄く混むし、危ないから、
絶対行かない方がいいよと、
さんざん忠告されましたが。

1年しかないアメリカ生活。

どうしても、
1年で1番大きなセールを体験したい!

夫を説得し、アウトレットへ行った結果、
大変な思いの先に、
たくさんの戦利品をゲットしたので、
その様子をお伝えします。

セールは前日から始まる?

私の住んでいる
テキサス・ダラス地区から
無料高速道路で30分程度の、
アレンプレミアムアウトレット。

ブラックフライデー当日の朝から
行こうとしていたのですが、
あまりに周りの人から止められ、
どうしようか悩んでいました。

ホームページを見てみると…。

 

さおり
あれ?
サンクスギビングは休みじゃなくて、18時から夜中の2時まで営業予定?!

さおり
ブラックフライデーの前にもうセールが始まるの?!

 

夫に伝えてみると…。

 

サンクスギビングデーは、家族で食事する日だし、今日はそんなに混まないんじゃない?

 

もしまだ、セール始まってなかったら、下見だけしておいて、また明日朝行ってもいいし、今日の夜行ってみようか。

 

おお、神よ…
いや、夫様よ…!

その言葉に甘え、
サンクスギビングの夕方、
17時半に家を出発したのですが、
これを夫は30分後、後悔することに。

大渋滞からの駐車場探し

順調に高速を飛ばし、
アウトレット一歩手前のところまで来た時、
何か様子のおかしさに気づきました。

大渋滞で全く進まない…。

しかもアメリカの道路って、
レーンがいくつもあって、
このレーンはまっすぐオンリー、
このレーンは左折オンリーとか決められているのです。

 

アウトレットは左折して、右側にあります。

夫は、左から2列目の左折できる、
かつ曲がった後すぐ右に入れる
レーンにいたのですが、
そこが一向に進まなくなってしまい…。

おそらく隣の左折できないレーンを走ってきた車が、
アウトレットに行きたくて、
無理やり信号前でこっちのレーンに
割り込んでいるようなのです。

何が正解か、もはやわからない位、
交通ルールもへったくれもないような、
一歩間違ったら事故という中をすり抜け、
どうにか、アウトレットへ到着。

夫、もはや瀕死。

 

 

しかしアウトレットについたから、
ゴール!というわけではありませんでした。

そこからが本当の闘い。

駐車場は、ほぼ満車のようで、
どの駐車場の入口も閉鎖されて、
警察官と車が止まっているような状態。

どうやら、駐車場への入口を
一か所にしているようで、
そこからもまだ渋滞は続き…。

駐車場にやっと入れたと思ったら、
中はほぼ満車なので、
出る車を探して、
ウロウロしている車ばかり。

こんなにたくさん停められない車がある中で、
駐車できるのか本当に不安でしたが、
幸いちょうど出る車を発見し、
車を停めることが出来ました。

家を出てから、2時間半。
やっとアウトレットに到着です!

スポンサーリンク

激安商品と長蛇の列

20時にアウトレットモールへ入ると、
人・人・人…。

しかも、これが価格以外で
1番のビックリだったのですが、
白人のアメリカ人はほとんど見かけませんでした。

大半がアジア人、しかも東南アジア系。
異様な光景にかなり驚きました。

お店はというと、
ほとんどが60%オフやら70%オフ。

私達は、最初にGAPに入ったのですが、
定番のロゴ入りトレーナー?が
目玉商品で9.99ドルで売られていました。

まだセールは始まったばかりですが、
すでにサイズが売りきれなものもあり。

恐るべし、サンクスギビング。
ブラックフライデー始まる前に、
商品無くなるんじゃ…という勢い。

レジもすごい列で、
会計まで40分位は待ちました。

 

40分待ち?!
ディズニーランドじゃないんだから。

 

購入したのはこちら。

夜寒くなってきたので、
冬のパジャマ用に夫と私の上下。
温かいモコモコソックスも2ドル!

ズンバ用のタンクトップや、
夫の薄手のトップスなど、
9点買って、全部で100ドル以下。

ダラスにユニクロはないので、
カジュアルで手頃な服が
安く買えて助かりました。

その後、アンテイラーへ。

コチラはそこまで混んでおらず、
落ち着いて、試着もでき。

定価69.99ドルのトップス→19.99ドル
定価89.99ドルのワンピース→29.99ドルで
買うことが出来ました。

…と、ここまでは割といい調子だったのですが、
あとお目当ては、COACHケイトスペード

どちらも入場制限がかかっていて、
お店に入るまでに、
並ばなければいけません。
(ほかにも、ナイキTHE NORTH FACE
長蛇の列になっていました。)

COACHは諦めて、
ケイトスペードの列に並ぶことに。

これが夜の23時かって、目を疑いますよね。

50分並んで、中へ。

悩んだ結果、
500mlペットボトル3本分位のサイズの
小さめのバッグを購入。

金額は、299ドルの70%オフ。
TAXを入れても96ドル(1万円程度)で
買うことが出来ました!

夫は初めてのアウトレットやセールに
げっそりしていましたが、
ブラックフライデーはとてもいい経験と
たくさんの戦利品をくれました。

おまけ・スーパーでは…

翌日(ブラックフライデー当日)、
TARGET(西友のような衣料品・家電もあるスーパー)に
ブラックフライデーの様子を見に行ったのですが、
そこまでの割引ではありませんでした。

テレビなどの目玉商品は、
大きく値下げしていたのですが。

他のものは大体20%オフの表示ですが、
買っておきたいなあっていう、
洗剤とか食品とか化粧品は、
割引ではなさそうでした。

ブラックフライデーは、
消耗品や食品はそんなに安売りせず、
服や家電などが主なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

  • ブラックフライデーは、サンクスギビングの夜から始まる。
  • アウトレットに行く場合は、
    早めの時間に行かないと駐車できない可能性がある。
  • ブラックフライデーのアウトレットは、
    大体60%~70%オフでお得。