日本のパスポートが世界1位になって思うこと

こんにちは!

さおりです。

先月、パスポートのみ(ビザなし)で
渡航できる国の多さを示すランキングで
日本が世界1位になったとして、
少しニュースになりましたよね。

スポンサーリンク

そこで、今回は日本のパスポートや、
世界のパスポートについて思うことを、
こちらに書いてみたいと思います。

日本のパスポートが世界一に

このランキングは、
カナダのコンサルタント会社
ヘンリー&パートナーズ」が毎年発表しているもの。

ビザなし(パスポートのみ)で
入国できる国家1つにつき1点、
日本は2018年、190点で現在世界単独トップに。

世界で安全な国、平和な国、裕福な国は、
日本以外にもたくさんあるのに、
1位を取るというのはとても名誉なことですね!

調べてみると、
ビザが免除されにくい国というのは、
非民主的・テロの発生する可能性の高い国のよう。

そういった意味で言うと、
日本は民主主義で平和、
他の国々とも友好的な関係を
築こうとしている国なので、
ビザが免除されやすいのですね。

最下位はイラク・アフガニスタン

では、最下位はどんな国かと言うと、
イラクとアフガニスタン。
ビザ免除は、30か国のみ。

日本からすると、
どちらも危険な国という印象で、
戦争やテロのイメージが強いですよね。

しかし、世界の情勢って、
TVや新聞で取り上げられていても、
実際自分の目で見なければ、
どのような状態なのかというのは実感できないもの。

私は、アメリカに行くまで、
中東の情勢については全く詳しくなく、
興味もほぼなかったのですが…

アメリカで通っていたESLスクールでは、
イラクやシリア出身の方がとても多く、
途端に身近な国という認識に変わりました。

友達になったイラク人から、
Refugee と Asyleeの違いについて、
学んだ記事はコチラ。

“Refugee”と”Asylee” イラク人と友達になって分かったこと

そこでは、書かなかったのですが、
彼女になぜそんな大変な思いをしてまで、
アメリカに亡命してきたのかと聞いた時、

「子どもにアメリカのパスポートを持たせてあげたいと思った」

…と言われたのを思い出しました。

その時、私は各国のパスポートに、
そこまで違いがあると知らなかったので、
アメリカの国籍が欲しいってことなのかな位にしか、
感じなかったのですが…

このパスポート自由度ランキングを見て、
いかにイラクやアフガニスタン、シリアなどの方々が、
自国以外の国に入国するのが難しいかを知ったのです。

確かにテロや内戦で危険なのは確かですが、
そこに住む人、そこで生まれた人で、
平和主義の人、優しくて穏やかな人は、
他の国と同じようにたくさんいる…

それなのに、他の国に入国するのを拒否されたり、
テロを起こすのではないかと疑われてしまうのは、
とてもツライこと。

彼女は、きっと子どもにそんな思いをせず、
自由に世界中で活躍する人になってほしいと願って、
アメリカに来たのですね。

スポンサーリンク

パスポートの盗難にご注意

さて、そんなアメリカのパスポートは、
ビザ免除186か国で現在5位。

自由の国アメリカよりも、
日本はパスポートの自由度が高いんですよね。

税関も普通に受け答えをしていれば、
スムーズに通れるのは、
日本のパスポートのおかげ。

そんな都合の良いパスポートが欲しい人は、
きっと世界にたくさんいる。

今回、1位になったことで、
ますます狙われる危険性も
高くなっているかもしれません…。

渡航先や滞在先でパスポートは、
本当に本当に大事な身分証明書。

現在は、ICチップが埋め込まれていたり、
パスポートの精度自体高くなっていて、
偽造もかなり難しくなっているみたいですが…

旅行や長期滞在の際には、
盗難や紛失に一層注意をして、
楽しく安全に過ごすことが大事だなあと思ったのでした。

スポンサーリンク

まとめ

  • 2018年発表された、パスポートのみ(ビザなし)で渡航できる国の多さを示すランキングで、日本は世界1位に。
  • 最下位は、イラク・アフガニスタン。
  • パスポートの盗難には、ご注意を!