アメリカでコオロギ退治!
ペストコントロールの結果は?


こんにちは!

アメリカ生活355日目、さおりです。

退去直前にして、コオロギが大発生。

スポンサーリンク

毎日、部屋の中で、
コオロギを発見してはビックリし、
ペストコントロール(害虫駆除)を依頼するも…。

最後のコオロギとの決戦の様子について
こちらに書きたいと思います。

アメリカのアパート

まず、私たちのアパートは3階で、
今まで虫には悩まされることなく、
1年間を過ごしてきました。

秋に1回、部屋の中に、
コオロギが出たことがあったのすが…
それは、たったの1度きり。

コオロギとやらは、
夏から秋にかけて発生するらしいので、
きっと去年の8月は、
私達が住み始める前に消毒なり、
殺虫スプレーになりしていたのでしょう。

今週に入って位から、
気温の上昇と比例して、
1日1回は室内で出会うようになり、
何か対策を考えないとまずいと感じて…。

思い出したのが、
去年、英語学校の先生たちに、
コオロギが出た話をした時に教えてもらった、
ペストコントロール(害虫駆除)の存在。

さおり
コオロギが次に出たら何かいい対策ってあるかな?スーパーにいい殺虫剤とか売ってる?

 

先生
No, No! 自分で何かする必要はないのよ!ペストコントロールって知ってる?

 

さおり
知らない。何それ?

 

先生
電球が切れたらアパートのメンテナンス業者に取り換えてもらうでしょ?
それと同じで、アパートが害虫駆除専門の業者を持っているから、ペストコントロールの依頼を出せば対処してくれるのよ。

 

日本だと電球を換えるもの自分、
ゴキブリが出ても
自分で対処するのが当たり前で、
大家さんに相談なんてしないですが…。

アメリカのアパートで何か問題があった場合、
依頼をすれば、なんでも対応してくれるのです。

早速、夫からアパートに、
ペストコントロールの依頼を出してもらうと…。

今、他の部屋からも依頼が多く来てるから時間調整して、今日・明日には薬剤のスプレーに来てくれるって!

 

さおり
やったー!

 

ペストコントロール

そして長―い棒のついた
スプレー缶のようなものを持った、
ペストコントロール業者が訪ねてきました。

業者
やあ。スプレーしに来たよ。

 

 

業者
素足だとスプレー液が直接足に触れると良くないから、室内スリッパでもいいから履いていてね。

 

うちは、日本式に、
室内では靴を脱いで生活しているので、
何か履くことを指示されました。

そして彼は、部屋中の角や淵、
隙間がありそうな床と壁の間あたりを、
重点的にスプレーしていき…

ベランダの隅も念入りに薬剤をかけ、
大体10分足らずで作業は終了。

業者
スプレーの液に何らかの理由で触れてしまった場合は、すぐによく洗ってね。

 

そう言って、
彼は去って行きました。

なんかあっという間だったね!これで本当にいなくなるのかなあ。
スポンサーリンク

効果は…

翌朝、起きて何気なく、
ベランダに目を向けてみると…。

さおり
えええー!ベランダでコオロギが死んでる!

 

5匹ほど、仰向けに倒れて、
苦しんでいるのです。

さおり
これは!昨日、ベランダの隙間に薬剤をまいたからかな。

 

効果はてきめん!
散布した場所にいたコオロギはきっと、
みんな死滅したに違いありません。

さすがだなあと感心していたのですが…

その日の午後(薬剤散布した次の日の午後)
英語学校にいる私に夫から連絡が…!

大変だよ!ダイニングテーブルの上の通気口から、コオロギが落ちてきたんだよ!

 

さおり
えええー!

 

うちの天井には、
いくつか通気口?があって、
LDK部分の天井に4つ、
寝室に3つ、バスルームに1つ。

今週、ダイニングテーブルの上を
歩いているのを発見したこともあったので、
彼らは間違いなく通気口の中にも生息している…。

しかし…そんな場所って、
どうやって駆除するのでしょうか?

さおり
さすがに通気口にスプレーなんかしたら、クーラーも使えなくなっちゃうし、この暑さで私たちが死滅しちゃうよね。笑

 

これは…1本取られたね。

 

アメリカのコオロギはしぶとい…。

退去まであと数日ですが、
今後も戦いは避けられないのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

  • アメリカでコオロギ発生は、
    ゴキブリよりも一般的。
  • アメリカのアパートで虫が発生した場合、
    ペストコントロールを依頼する。
  • 薬剤散布は効果があるが、
    1回で解決しないこともある。