アメリカ駐妻が1年でTOEIC スコア 300点アップした具体的勉強法

こんにちは!

帰国して28日目、さおりです。

1年間のアメリカ生活で
英語力は本当に伸びたの…?

スポンサーリンク

そんな疑問を解消するため、
帰国翌日にTOEIC Listening & Reading テストを
受験してみたのですが…

先日、結果発表があり、
なんと1年前より 300点 ほど
スコアが伸びていたのです!

そこで今回は、
私がアメリカ滞在中に行った、
3つの英語勉強法を具体的に、
こちらで紹介したいと思います。

1.ESLで質問しまくる

無料のイングリッシュスクールが、
たくさんあるのが、
アメリカのいいところ。

私の通っていた学校では、
グラマーのクラスと
スピーキングに特化したクラスがあり…

特に、スピーキングクラスでは、
話す内容が自由なので、
私は日常の中で気になった表現をメモして、
ガツガツと質問していました。
(スーパーや近隣の人とのやり取りやドラマ視聴など)

今日はこの表現について知りたい!など
トピックを持っていけば…

  • 毎日の話題不足の解消
  • ボランティアの先生にも、
    自分がどこまでわかっていて、
    何がわからないのかを明確に意思表示できる

先生にとっても自分にとっても、
的外れなレッスンにならずに済むので、
効率的に学ぶことが出来ます。

しかも、あらかじめ
何について話すか考えておけば…

さおり
どうやって話せば伝わるかな

さおり
話すためのグラマーは、これであっているかな

頭の中でシミュレーションができるし、
事前にどうやって話そうか、
考えておくことも出来ます。

料理をしながらや掃除しながらでも、
頭の中で英文を作ってみたり、
ESL に行くまでの道の中で会話を想定してみたり…

それだけでも十分、
英語を話す練習になるし、
普段の生活の中で、
時間を有効活用できていたのではと思います。

2.アメリカドラマを見まくる

以前も書きましたが、
アメリカでは TV を契約していなかった為、
Hulu や NETFLIX などの動画サービスで、
英語の番組を楽しんでいました。

アメリカに着いたばかりの頃は、
全く英語の速さについて行けず、
ほとんど聞き取れない、
単語もわからない状態でしたが…

とにかく英語音声・英語字幕で視聴、
わからない単語があれば、
いちいち止めて意味を調べる。

それでも理解できない表現は、
翌日ESLで聞く。

それだけで、日常でよく使う単語は、
すーっと少しずつ体に入っていったように思います。

ドラマって同じ脚本家が書いているので、
ドラマシリーズの1話~数話見ると、
結構同じ単語が頻繁に使われていて…

何回も何回も繰り返し出てくるので、
1回じゃ覚えられなくても、
何回か調べるうちに文脈と共に、
自然と結構な量の単語を覚えられていたりします。

なので、ドラマはこれと決めたら、
シーズンをいくつか続けてみることで、
効果が出る勉強法だと思います。
(アメリカでしか観られないものも、
Hulu や NETFLIX にはたくさんあるので、
自分が面白いと感じるドラマを探すのがおすすめ。)

何か月か見続けているとだんだん、
途中で止めて単語の意味を調べる作業も少なくなり…

それと同時に自然と、
英語が速いと感じなくなっていって、
気付いたら英語を英語としてではなく、
言語として聞けるようになっていました。

スポンサーリンク

3.リーディングは問題集で強化

リスニングパートは上記2つの方法で、
自然に鍛えられたのですが、
厄介なのはリーディングパート。

TOEIC のリーディングパートって、
やたらムズカシイ単語が多くて、
穴埋め問題やら、長文読解やら、
アメリカで暮らしているだけでは、
なかなか鍛えられにくい部分なのではないでしょうか。

せっかくリスニングが良い感じに伸びたのに、
リーディングで点取れなかったら、もったいない。

そう思って、試験2か月前から、
「公式問題集を10問解いては答え合わせ」
という感じで勉強し始めたのですが…
全く面白くない!

説明も少なすぎて、
まだまだ知識も少ない私には、
理解するのにとっても時間がかかってしまい、
すぐに嫌になってしまいました。

そこで買ってみたのが、この問題集。

TOEIC L&R TEST サラリーマン特急 新形式リーディング【電子書籍】[ 八島晶 ]

価格:724円
(2018/8/24 13:36時点)

 

↑こちらでは電子書籍版や
紙書籍版が購入出来ますが、
私は abceed analytics という
TOEIC用の無料のアプリから本を購入し、
アプリ上で勉強していました。

この本のいいところは、
Part 5~Part 7の練習問題が全て入っていて
解説が超詳しくて、本当に分かりやすい!

公式問題集だと理解するのに
時間がかかっていたのですが、
これは読むだけでわかるので、
とっても助かりました。

これで1000円しないのは、
本当に破格だと思います。

この問題集のおかげで、
苦手なリーディング問題を、
手軽に楽しく勉強できて…

こんな私でも、
アメリカ生活の1年間で300点も、
スコアを伸ばすことができました。

“話せること聞けること” と、
“TOEIC でハイスコアを取ること” は、
少し違う技能かもしれませんが…

日本で、英語を活かそうと思ったら、
必須の試験かと思いますので、
アメリカにいる間から意識していれば、
帰国後、楽なのではないかと私は思います!

スポンサーリンク

まとめ

  • 無料のESLスクールを最大限活用する。
  • アメリカドラマを観て、テンポの速い英会話を聞くことに慣れる。
  • 自分に合った問題集を使って、リーディングパートは効率的に勉強する。