アグリークリスマスセーターって何?日本にない欧米の文化

こんにちは!

アメリカ生活139日目、さおりです。

クリスマスパーティーには、
ダサいセーターが好まれる??

スポンサーリンク

アパートのイベントで知った、
クリスマスセーターの存在。

このセーターについて、
アメリカ人とドイツ人に聞いた話や、
お店でどんなものが売っているか調査した結果について書きます。

一番ダサいセーターに賞金150ドル

先日アパートのイベントで、
クッキー交換パーティーがありました。

こちらのクリスマスパーティーって、
クッキーを持ち寄る文化があるみたいですね。

※イングリッシュスクールの
クリスマスポットラックパーティーでも、
アメリカ人の先生は、
ほとんどクッキーを持ってきてました。

そして、クッキー交換会のお知らせには、
“ugly christmas sweaters welcome!”とという記載が。

醜いクリスマスセーターって、
なんだろう?と思ったのですが、
日々の忙しさについつい当日まで調べるのを忘れていました。

イベント当日の昼、
アパートから届いたメールにこんな内容が。

‟今夜のクッキー交換会で、
アグリークリスマスセーターコンテスト!
優勝者には賞金150ドル!”

さおり
何ー?!
150ドルって大金じゃん!
どうしよう!参加したいけど何を競えばいいのかわからない!

 

さすがに、コンテストの内容が分からないことには参加しようがないねえ。

 

その後、すぐにネットで調べると、
要は、クリスマス柄がコレでもかっていう位
編み込まれたダサいセーターを、
アグリークリスマスセーターというらしい。

でも今更、買いに行く時間もないし、
どこに売っているかもわかりません。

仕方なく普通の格好で、
イベントに行ってみると、
来る人来る人みーんな、
赤や緑のガチャガチャのクリスマスセーター。

 

さおり
これがアメリカのクリスマスなのか…。

 

普通の格好の我々の方が、なんだか恥ずかしいねえ。

 

 

アメリカ人・ドイツ人に聞いてみた

日本ではこの時期、ドンキホーテなどで、
サンタやトナカイのコスプレは売ってるけど、
ダサいクリスマスセーターが逆にいいなんて、
そんなの聞いたこともなかった。

次の日イングリッシュスクールで、
20代のアメリカ人と
ドイツ人の女性の先生に聞いてみました。

 

さおり
クリスマスの文化について聞きたいんだけど、こっちではクリスマス柄のセーターを着るのが一般的なの?
昨日アパートのイベントに行ったら、みんな着ていたんだ。

 

アメリカ人先生
ああー!
私は持ってないけど、クリスマスパーティーに着てくる人はいるよね。
ジョークっていうか、ダサさで笑わせるっていう意味合いが強いね。

 

ドイツ人先生
あれは本来、おじいちゃんおばあちゃんからのクリスマスプレゼントで、 柄の入った手編みのセーターを、私も小さい頃よくもらったよ。
私は今も1着持ってるけど、最近は着ていないかな。

 

ドイツでもアメリカでも、
ダサいセーターは、
クリスマスの一般的なアイテムらしい。

 

さおり
それって、どこに行けば買えるかな?

 

アメリカ人先生
どこでも売っていると思うよ!
TARGETでもWalmartでも。
自分でクリスマスの柄を選んでくっつけてオリジナルのセーターを作る人もいるよ!

 

授業後、さっそく探しに行ってみることに。

スポンサーリンク

アグリークリスマスセーターを探す

まず、最初にTARGETに行って、
お店の中を探し回ったのですが、
少ししか見つかりませんでした。

それもイベントで見たような強烈なダサさではなく…。

こんな感じ。

まあ十分ダサいか。笑

他にもっと種類がないかと、
Walmart にも行ってみることに。

するとこちらでは、
ほぼ一角、全てアグリーセーター。

カラフルで柄on柄な
クリスマスセーターがたっぷり。

10ドル代のものから
高いのでも1着30ドル位で買えます。

中にはこんな風に、
首を出すところが2か所あって、
2人で着れる凝ったデザインのものまで…。

 

これを着て行けば、150ドル勝ち取れたんじゃない?!

 

さおり
歩くのかなり大変そうだけどね!

.

スポンサーリンク

まとめ

  • 欧米でアグリークリスマスセーターは、ダサさを競うクリスマスグッズ。
  • ジョークや笑わせるための意味で着たり、ダサさが逆に可愛く、クリスマスパーティーのゲームとしても使われる。
  • アメリカの一般的なスーパーWalmartには、この時期かなりのたくさんの種類が店頭に並ぶ。