日本で見かけないアメリカで定番の料理3選

こんにちは!

さおりです。

アメリカで1年間暮らしてみて、
世界には、まだ食べたことない料理が、
たくさんあるんだなあと気づかされました。

スポンサーリンク

最初の頃は、
料理名を見ても、
姿が浮かばないことも多くて、
どれを注文していいか困ったことも多々。

それもそのはず、
アメリカはメキシコが近いので、
そちらの方の料理も入っていて…

日本では見たことないような、
スペイン語の料理名が、
英語もおぼつかない私たちには、
いまいちピンと来なかったのです。

そこで今回は、
アメリカでよく食べられている、
日本ではあまり見かけない料理について、
3つほどこちらで紹介してみたいと思います。

ケサディーヤ(Quesadilla)

こちらは、私たち夫婦が、
アメリカで好きになった数少ない食べ物の1つ。

トルティーヤの中にチーズ、
もしくはチーズとお肉などが入った、
シンプルな食べ物。

最初に食べたのは、
アメリカ生活2か月目、
カリフォルニア旅行中に入った、
サンタモニカのレストランでした。

店員さんのおすすめで頼んだのですが、
シンプルなのに、
出来立てがすごく美味しくて、
驚いたのを覚えています。

それからというもの、
アメリカンな飲食店に行くと、
たいていメニューにあって…

頼んでなくても、
付け合わせで出てくることもあったり、
アメリカ生活で数えきれないほど食べました。

チーズとトルティーヤで、
本当にシンプルな食べ物なので、
誰の口にも合うのではないかと思います。

アメリカでサイドディッシュに困ったら、
Quesadilla はとってもおすすめです。

ファヒータ(Fajita)

こちらもアメリカ生活中、
幾度となく見かけた料理。

これもまたスペイン語の為、
j をハ行で発音するので、
読み方が独特です。

味は、ざっくりと言うと、
肉と野菜をグリルして、
スパイスと塩コショウで味付けしたもので、
トルティーヤに包んで食べます。

肉・野菜の他に、
ライスやコーンなどが入っていることも。

私はオニオンが好きじゃないので、
あまり頻繁には注文しませんでしたが、
アメリカンやテックスメックスでは、
大抵見かける定番料理でした。

日本ではあまり見かけないですが、
こういう肉や野菜などごちゃまぜにして、
何かに挟んで食べるのが、
結構他の国の人はすきなのかな?と感じます。

ハンバーガー・サンドウィッチなど、
パンに全てを挟むのはアメリカ人の大好物だし、
ブリトーやタコス、ナチョスなんかも、
たくさんの具材を一口で食べられるようなイメージ。

なんでも小鉢になって出てくる日本とは、
全く違う文化ですよね。

スポンサーリンク

チリ(chili)

日本では、
チリペッパー味やチリソースなら、
かろうじて見かけますが、
料理としてのチリはあまり浸透していない気がします。

このブログでは、チリコンカンとして、
何回か書かせて頂いたことがありますが、
アメリカでは略してチリと言うことがほとんど。

テキサス南部発祥の料理ですが、
州の料理に指定されているテキサスはもちろん、
アメリカでチリは、とてもポピュラー。

私のお気に入りの絵本、
Houndsley & Catina の中でも、
料理コンテストでチリを作る様子があったり、
ドラマ・ビッグバンセオリーの中でも、
テキサスのチリに豆は入れないなどの発言があったり…

豆を入れるか入れないかだけでなく、
シンプルなのにバリエーションが豊かと言うか、
オリジナリティを入れてカスタマイズしやすく、
まるで日本におけるカレーのような存在ではないかと思います。

私もアメリカにいた時は、
頻繁に作っていましたが、
簡単にたくさん作れてしばらく持つし、
米ともパンともパスタとも合うし、
全く飽きが来なくて、大好きでした。

日本に帰ってきてから、
レッドキドニービーンズが見つからず、
まだ1度も作れていないのですが、
久しぶりにチリを煮たいなあ…と思う今日この頃です。

スポンサーリンク

まとめ

  • ケサディーヤ(Quesadilla)は、トルティーヤの中にチーズが入ったシンプルで美味しい料理。
  • ファヒータ(Fajita)は、野菜と肉をグリルして塩コショウ・スパイスで味付け、トルティーヤに包んで食べる料理。
  • チリ(Chili)は、アメリカの国民的料理でチリペッパーとトマトとひき肉の煮込み料理。