「アラジン」NYのブロードウェイミュージカルを観た感想


こんにちは!

アメリカ生活318 日目、さおりです。

ニューヨークで観た、
ブロードウェイミュージカル
“Aladdin”

スポンサーリンク

とても素敵なミュージカルだったので、
会場の様子や感想について、
詳しくこちらに書きたいと思います。

ニューアムステルダムシアター

ニューヨークのタイムズスクエア周辺には、
たくさんのミュージカルシアターがあり、
「アラジン」が公演されているのは、
“NEW AMSTERDAM THEATRE”

20時~を予約していたので、
19時過ぎに会場に着いたところ、
入場待ちの列が、すでに長くできていました。

服装は、ラフな格好の人が多く、
(ディズニーミュージカルだから?)
中には、全員アラジンTシャツという団体も。

オシャレな格好の人は、
数人しか見かけなかったように思います。

ちなみに私たちは、
ペットボトルの水を持参していましたが、
特に荷物検査でも問題なく、持ち込み可能。

19時半には入場して、
席に着くことができました。

私たちは、3日前に夫の希望で、
急遽チケットを取ったので、
あまり選択肢がなく、
2階席の真ん中あたり、
Mezzanine Center GG列。

しかし、少し遠いかなということ以外は、
特に不満もない、比較的見やすい席でした。

これからチケットを取得する方で
日にちに余裕のある方は、
Mezzanine Center 前方か1階席センターの前方が、
演者さんの表情などもよく見えるのではないかと思います。

また、お土産やドリンクの販売所は、
2階にもあり、わりと混んでました。

ドリンクはカップ自体が
アラジンのデザインで、
お土産に持って帰れるからか、
若干お高めの値段。

ビール12~14ドル
ワイン15~17ドルなど…。

結構、購入している人は多かったです。

ミュージカルならではの舞台装置

こちらは2部構成で、
1部と2部の間に15分休憩あり。

物語は有名なアラジンのお話と一緒なので、
英語が分からなくても楽しめました。
(分かった方が楽しめると思いますが…セリフが速すぎる!笑)

ミュージカルならではの舞台装置で、
ジーニーが魔法のランプから出てくる演出が、
古典的でなんとも可愛い!笑

床に穴が丸く開いていて、
下からくるくる回りながら登場するのです。

他にも魔法のじゅうたんで、
アラジンとジャスミンが飛ぶシーンは圧巻。

吊っている紐があるのかもしれませんが、
私には全く見えず、ただただ驚き。

ミュージカルは、
日本で1回しか観たことがなく、
それもずっと昔のことなので、
くるくると舞台が変わっていくのは、
観ていてとても新鮮でした。

スポンサーリンク

歌とダンスのすばらしさ

※画像は会場でもらえる冊子より

見どころは、やはり歌とダンス。

きらびやかでカラフルな衣装とダンスは、
客席から観ていて、まるで夢の世界。

ランプの精・ジーニーは1番の人気者で、
登場した時の客席の歓声といったら、
みんな待ってました!っという雰囲気、
そして、それに負けないジーニー役の方の声量と歌声。

ジョークを言っていても速すぎて、
なんて言ってるか聞き取れない…んだけど、
セリフわからなくたって、
顔で面白さが伝わってくる!

アラジン役の演者さんは、
役柄通りかっこかわいくて、
彼の歌う “Proud of Your Boy” には大感動。

ジャスミンも、
美人なのはもちろん、
芯の強さとまっすぐな役柄のイメージそのままでした。

2人が魔法のじゅうたんの上で歌う、
“A Whole New World” には、
もうただただうっとり。

あのシーンのために、
もう一回観に行きたいと思う位、
ロマンチックで素敵な光景でした。

ミュージカルなんて見慣れていない、
英語も苦手な私ですが、
この “Aladdin” は本当に楽しめたので…

ニューヨーク旅行で
ブロードウェイミュージカル鑑賞を考えている方には、
ぜひおすすめだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

  • ブロードウェイミュージカル・アラジンは、
    New Amsterdam Theatre で公演されている。
  • ミュージカルの本場ブロードウェイならではの迫力、
    役者さんの歌声やダンスが素晴らしい。
  • 英語が分からなくても楽しめる。