日本 VS. アメリカ!帰国後スーパーマーケットについて思うこと

こんにちは!

さおりです。

日本に帰ってきて、
一番違いを感じているのが、
スーパーでの買い物。

スポンサーリンク

以前、日本に帰ってきたばかりの頃、
スーパーで店員さんと会話をしないのが、
違和感と書きましたが…

帰国後のカルチャーショック!米国から日本に帰って驚いたこと

それ以外にも、日米でだいぶ違いが。

そこで、私が日本のスーパーマーケットで、
リバースカルチャーギャップを感じた、
3つの事柄について、
こちらに書いてみたいなと思います。

ポンド売りからグラム売りヘ

日本では、肉や魚などは、
大体100gいくらのグラム売りが基本ですが、
アメリカでは1ポンド(約450g)あたりいくらがお約束。

しかも、日本では野菜は、
1個何円で売られることが多いですが、
アメリカでは野菜もほとんど、
ポンド売りの方が多いかと思います。

最初の頃は完全に混乱し、
毎回頭の中でグラムに直して、
計算していましたが、
失敗することも多々。

ポンドでまじめに考えた時ほど、
1each(1個)いくらの表記だった…!
という罠に引っかかるのです。
(そもそもeachという字が小さくて、
ポンドだと思い込んでる頭には入ってこない笑)

しかし、いざ日本に帰ってくると、
あれほど慣れ親しんでいたはずのグラムが、
なぜかピンとこない。

そもそも、グラムの方が考えやすいはずなのに、
グラムって何だっけ状態。

アメリカにいた時は、
大体2週間に1回
大きな買い物に出かけていたので…

2週間分はこれくらいという目分量と
大体お肉は4ポンド位買っておけば間に合うという、
アバウトな考え方になってしまったので、
日本に帰ってきて、グラムをもう一度、
体にしみこませるのには時間がかかりました。

あれほど、
「ポンドって何なんだよー!」
「こんなわけわかんない単位作るなよー」
って思っていたのに、
意外と親しんでいた自分にビックリです。

オーガニック野菜

アメリカでは、
オーガニックとそうでないものが区別され、
きちんと明記されて売られています。

もともと健康志向だったし、
ダラスのスプラウツファーマーズマーケットは、
騒ぐほど高くないこともあり、
オーガニックを選んで買っていました。

しかし、英語学校で先生と話をするたびに、

オーガニックって高いよね。

人参はたまに買うけどそれ以外は買わないな。

さおりは高いと思わないの?

そんなことをよく聞かれました。

しかし、日本に帰ってきてから思うのは…
「ダラスのオーガニックは全然高くない」ということ。

そりゃあ、ホールフーズや
セントラルマーケットみたいな、
いいところのスーパーだとべらぼうに高いですが…

スプラウツやトレーダージョーズなんかなら、
日本のオーガニックじゃない野菜と
ほとんど同じ価格帯なんですよね。

日本帰ってきて、
キャベツ1玉198円の方がビックリしました。

だって、測ってみたら1kg しかないのに。

スプラウツのキャベツは、
オーガニックでしたが、
ポンド98セント(約110円)だったのにです。

1kg 220円で買える計算。

トレーダージョーズで売っている、
オーガニックにんじんとか、
1袋6オンス=約170g が
79セント(90円未満)でしたが…

日本に帰ったら、人参が高すぎて、
もう目が点です。

今日なんて、すんごくちいさな人参が、
1本58円(火曜市!)で売られていたのを見た時…
アメリカとのギャップがありすぎて、
受け入れられず、ちょっと笑っちゃいました。

ダラスのオーガニック野菜は高くない。
私の感覚は決して間違ってなかったんだと、
実感するこの頃です。

スポンサーリンク

肉の値段・形状

アメリカのお肉って、
安かったなあと最近本当に思います。

日本のお肉って薄く切ってあって、
使いやすく食べやすいけど、高い。

ダラスだとグラスフェドビーフの塊肉が、
1ポンド7.99ドル位で買えたのに…
日本の国産牛肉や豚肉って、
なんでこんなに高いの。

アメリカで米国産の肉を食べていたとは言え、
日本で米国産の肉を喜んで買うかというと、
やっぱり輸入の時間がかかっているし、
新鮮じゃないことは目に見えてるし…

無いものねだりというか、
日本に帰ってきて不自由ない反面、
アメリカのスーパーを恋しく思ったり、
牛肉を好きなだけ買えたあの日に思いを馳せたり…。

スーパー1つとっても、
まだアメリカが忘れられない、
元駐在妻なのでした。

スポンサーリンク

まとめ

  • ポンド売りに慣れると、グラム売りに戸惑う。
  • ダラスのオーガニック野菜は、そこまで高くない。
  • 肉の価格は、ダラスの方が安い。