サーバーとWPテーマを変更しました!(9/15)

ディズニーランド・パークについて

こんにちは!

アメリカ生活62日目、さおりです。

先日、初めての国内旅行で、
カリフォルニアに行ってきました。

スポンサーリンク

今回も、前回の続きで、
カリフォルニア・ディズニーについて。

ディズニーランドパークに絞って、
一つ一つのアトラクションや
それについてのエピソードなどを載せたいと思います。

ちなみに私の泊まっていたカワダホテル(ダウンタウン)から、
ディズニー(アナハイム)までは遠く、
電車なども走っていないので、送迎車を頼んだのですが、
高速道路を使用するため、わずか30分ほどで着きました。

ファンタズミックのファストパスがない!

10時前には、パークに入場することが出来たのですが、
日曜で8時開園だったため、
もうすでにかなり込み合っていました。

クリスチャンの多いアメリカでは、
日曜の午前は教会に行く人が多いという認識だったのですが、
そんなの関係なかったようです。

カリフォルニアのディズニーランドは、
日本の敷地より狭いらしく、
パークの道も心なしか狭い気がしました。

すぐに、ディズニーランドパークの方の夜のショー
ファンタズミック!のファストパス発券所に向かったのですが、
なんと1010分ですでになくなってしまっていました。

その日は21時の回と22時半の回があって、
22時半の方はまだ残っていたのですが、
送迎を頼んでいる関係上、
その時間は見ることが出来ません。

ファストパスがないと、いい場所が取れず、
ほとんどよく見えないと事前にネットで読んでいたので、
ショーを見るのは諦めることに。

日本のディズニーシーのファンタズミックも大好きで、
どうしても元祖ファンタズミックを見たかったので、
本当に悔しかったです。

もう9月で繁忙期を過ぎているのに、
この人気ぶりとは、やはり休日ですね。

どうしても、ファンタズミックのファストパスを取りたい方は、
土日を避けるか、開園と同時に取りに行くかでないと、取得は難しそうです。

あと、ファストパスの発券場所は、
ビッグサンダーマウンテンエリアの奥にあり、
ちょっと分かりづらいかもしれません。

もしわからなかったら、スタッフさんに聞けば、
親切に教えてくれますよ。
(私は自分では見つけられず、聞きました)

ニューオリンズ・スクエアの人込み

お昼前、スプラッシュマウンテンに乗りに行こうとした時、
ニューオリンズ・スクエアのあたりが異様に込み合っていて、
人だらけで進めませんでした。

パレードか何かを待っているのか、
道の真ん中くらいでロープが引かれていて、
半分の人がそのロープの内側で待っています。

道が狭くなっているので、
まるで東京駅のような人の波。
スプラッシュマウンテンを諦め、
折り返して、インディジョーンズ・アドベンチャーへ。

45分待ちで25分程度待ったら、乗れました。

Qラインが長く、
おどろおどろしい雰囲気で、
歩いている途中夫に「ワッ」と脅かされて、
本当に飛び上がった位、
暗くて怖いです。

日本のインディジョーンズとほぼ一緒ですが、
日本にはない演出があり、
若干長めに感じました。

衝撃のおいしさ!パイナップルフロート

インディジョーンズ・アドベンチャーを乗り終えてから、
近くにあるチキジュースバーへ。

ドールホイップフロートが、5.99ドル。

少し並んだけれど、
お店の中でお姉さんがどんどん作っていくため、
回転が速い!

味は、ジュースよりアイスの方が若干甘酸っぱい、
濃厚なパイナップル。

夏の暑さにかなり合います。

購入するのに、そんなに時間もかからないので、
ぜひおすすめです。

スポンサーリンク

ハロウィン仕様のスペースマウンテン

フロートを食べながら、
トゥモローランドの方に向かっていると、
お目当てのスペースマウンテンが見えてきて、
スタンバイは30分待ち。

1240分から並ぶと13時過ぎには乗れました。
お昼時は、どこも空いているみたいです。

ハローウィンバージョンだったからか、
ゴーストがいて、音楽がすごく効果的でした!

左側の席の方が、ゴーストがたくさん見えるようです。

速さは日本と変わらず、楽しい!
体感的に、日本よりも長く感じました。

マッターホルンボブスレーの故障

カリフォルニアディズニーランド最古のコースター、
マッターホルンボブスレーへ。

スタンバイ20分待ちで、
並んでから20分位すると途端に進まなくなり、
その後、スタッフさんから機械が壊れたと言われ、
並んでいた列は解散。

せっかく待ってたのにー!と思ったけれど、
50年以上も前に出来たアトラクションだから、
こういうことがあってもしょうがないですね。

意外と並ぶビッグサンダー

夕方、スプラッシュマウンテンでファストパス発券すると、
1時間半後のものがもらえました。

その間に別のものに乗ろうと、
ビッグサンダーに向かったのですが。
並び始めた時は35分待ちだったのに、
待っている間になんと60分待ちに。

ファストパスの人たちがたくさん入って来ていたので、
列が伸びたのではないかと思います。

1715分から並んで、乗れたのは18時過ぎ。
実際は50分待ちでした。

アトラクションは、
日本とほぼ一緒なのですが、
より広い土地で回っている感じがしました。

本当に子供向けで、
速度もほとんど出ないし、落ちないです。

人形があくどいスプラッシュ

ファストパスを持ってる、
スプラッシュマウンテンへ。

スプラッシュの手前、
ニューオリンズあたりは、
午前と同じで、まだ込み合っていました。

1日中混みあっているゾーンなのかもしれません。

何とか人込みを潜り抜けて、入口を探しますが、
ここかなと思ったところは、
ホーンデッドマンションのエントランス。

間違いやすいのですが、
スプラッシュマウンテンのスタンバイ入口は、その先、
スプラッシュマウンテンのファストパス発券所のさらに先です。

ファストパスなので、10分くらいで乗れました。
6人乗り1列シートの丸太の乗り物で、
シートベルトも一切なし、
横につかまるためのレバーがあるだけです。

日本との違いは、ストーリーが長くて、
人形がみんなあくどい顔していたり表情豊かでした。

落ちた時は、前に座っている2メートル位あるお兄さんが
みんな大丈夫?!と叫んで、
一緒に乗っている6人みんなで拍手して笑いました。

落ちる前は、かなり怖かったけれど、
日本よりは落ちない感じでした。

その後も楽しい人形劇は続きます。

ちなみに、恒例の写真撮影では、
前のお兄さんが大きかったので、
私たち夫婦は完全に隠れてしまい、
写っていませんでした。

だからなのか、全然濡れなかったです。

スポンサーリンク

1セントコインのお土産

スプラッシュマウンテンを降りて進んだところに、
1セントコインをお土産コインに変える機械が置いてあります。

帰りにお土産屋さんではたくさん見かけることになるのですが、
この日私はここで初めて遭遇したので、
結構テンション上がりました。

最初やり方がわからず、苦戦したのですが、
機械に書かれている通りに、
Quarter Dollar(25セント)コイン2枚と1セントコイン1枚を一緒に入れるだけ。

好きな絵柄のボタンを押して出来上がり!

なんてことないんだけど、
楽しくて、私はコインを使い切るまでやりました。

このマシンに必要な2種類のコインをたくさん持っていくと、
いろんな場所で、いろんな絵柄のコインを作って楽しめます。

やはり綺麗なコインの方が、出来上がりも美しいので、
新しめのコインを用意していくと、より良いお土産が出来そうです。

ターキーレッグと雪男

ひとしきりお土産コイン作りを楽しんだ後、
もう20時近くて腹ペコですが、時間がない!

とりあえず、憧れていたアメリカンサイズのターキーレッグの屋台を見つけて、
なんと私の顔位ありそうな大きさでお値段は11.49ドル。

1つを2人で分けても、
十分満足なボリュームでした。

パークの水は高いだろうと踏んで、
500mlの水を3本持って来たのですが、
それもとうとうなくなり、
チキンと一緒に買ったお水は、13.49ドル。

スーパーで買えば245ドルくらいで買えるのに…。
お水は12本位ずつ持ってきて間違いないです。

食べ終わった後、
マッターホルンボブスレーのファストパスを持っていたので、
そちらに向かい、5分ほどで乗れました。

乗った感想は、雪男の怖さと
スピードが速いままガックンガックン曲がるので、
古くて壊れやしないかの二重の怖さ。

基本上からぐるぐる回って降りてくる感じで、
夜景がとても綺麗でした。

スポンサーリンク

まとめ

  • ファンタズミックのファストパスは、1に取った方がよい。
    10時過ぎではなくなっていることがある。
  • ニューオリンズ・スクエアは、異様に込み合っている。
  • チキジュースバーのドールホイップフロートは、
    濃厚なパイナップル味で、美味しい!
  • マッターホルンボブスレーは、
    50年以上も前に出来たアトラクションのため、
    故障でクローズすることがある。
  • スプラッシュマウンテンは6人乗り1列シートで、特にシートベルトはない。
  • 1セントコインをお土産コインに変形させる機械は、
    Quarter Dollar(25セント)コイン2枚と1セントコイン1枚が必要。
  • ジャンボターキーレッグは、値段も大きさもアメリカンサイズ。
  • パークの中で買うと、お水(500ml)は13.49ドル。
    123本は持参した方が良さそう。