3回目のテキサスの運転免許試験!
ついに合格する


こんにちは!

アメリカ生活187日目さおりです。

やっと、やっと…
夫がテキサスの運転免許を取得しました!!!

スポンサーリンク

これまで実技試験に
2回落ちてしまった記事については、
コチラ→ 1回目 2回目

今回の運転免許試験について、
夫から聞いた内容についてまとめます。

書類の書き直し

今回、実技試験を受けた会場は、
1回目の試験を受けた
“Garland Mega Center”

受付で今日の予約を伝えると、
最初に免許の申し込みをした、
2017年9月18日から90日以上経過している為、
再度、書類を提出する必要があるとのこと。

DL-14A(申込書)を渡され、
もう一度記入し、必要書類一式と一緒に、
番号を呼ばれた窓口で提出するようにと、
番号札を渡されました。

J1ビザの夫の免許申請に必要な書類は以下のとおり。

  • パスポート(ビザ)
  • I-94 ※今回は確認されませんでした。
  • DS-2019
  • SSN(ソーシャルセキュリティナンバー)
  • 車の保険
  • 車両登録証 ※今回は確認されませんでした。
  • DL-14A(申込書)
念のため、全部の書類持ってきてよかったー!でも申込書また書くなんて大変だな。

 

夫は以前書いた申込書の写メを撮っておいたようで、
比較的スムーズに書けたようですが、
それでも書き終わる前に自分の番号が呼ばれてしまい…。

仕方なく、書き終えてから、
受付にまた新しい番号を取りに行ったのですが。

受付
その番号ですでに呼ばれているのだから、呼ばれた窓口に行ってみて。

 

そう言われ、呼ばれた窓口で番号札を見せると。

窓口
その番号はもう過ぎてしまっているから新しい番号を取り直して。

 

えー!たらいまわし…。

 

また受付に戻り、新しい番号札を発券してもらい、
再度呼ばれてから、窓口で書類提出と、
前回、期間延長したパーミッションカードの発行手数料11ドルを支払い。

今回、必要書類の中のI-94と車両登録証は、
確認されませんでしたが、
他の書類は提示する必要があったので、
一応全部持って来たのは良かったようです。

ようやく、3回目の実技試験へ。

試験待ち列の順番

1回目の記事にも書きましたが、
日本のように試験用の車はないので、
自分の車に乗り込み、
試験待ちの2列のどちらかに並ぶ仕組み。

書類書き直しやたらいまわしなど色々ありましたが、
夫が試験待機列に着いた時には、
まだ左列に2車、右列に1車しかおらず
右列の2番目に並ぶことが出来たそう。
(朝1の予約でした)

試験開始の時刻になり、
順番に教官が助手席に乗り込み、
夫は4番目にスタートできるかと思いきや…。

左、左、また左…。

 

左、右交互に乗ってくれないと、2列に並ぶ意味ないだろー!

 

まあこれは、アメリカの免許試験あるあるらしく、
前回も前々回もこんな感じで適当だったらしいのですが、
今回はこの試験の後、私の病院の予約があったため、
夫も焦っていたよう。

ようやく、7番目位に試験官が助手席に。

3回目の実技試験がやっとスタートです。

スポンサーリンク

当たりの試験官をひく

今回も前回と同じく。

  1. クラクションが鳴るか。
    左右のライト・ブレーキランプが点くか確認。
  2. まっすぐバック走行。
  3. 縦列駐車。
  4. 路上に出て運転。

という流れだったそうですが…。

バッグ走行の際には、2秒位走った時点で。

試験官
OK!

 

縦列駐車では、きっちりサイドに寄せる前に。

試験官
OK!エクセレーント!!!

 

はい、次!次!って感じで、
かなり適当な感じの人だったそうです。笑

路上では、前回遅すぎたという経験から、
スピードを20マイル以下にしないことを意識しすぎて、
道路にハンプがあることに気づかず、
減速しないまま突っこんで、ガクンガクンなってしまい。

※ハンプ…道路を隆起させて減速を促す連続した突起物のこと。

あー、これは完全に落ちたわ…。

 

この時点で夫は、
絶対落ちたと確信したそうですが、
路上テストが終わり、試験官は…。

試験官
You got a driver’s license!!
(あなたは免許を取得できましたよ!!)

 

実技試験終了後、
結果の紙を渡されただけで、
特にフィードバックはなかったそうです。

夫は-18というスコアで合格でした。

11ドル払って発行した
パーミッションカードには、
早くもハサミが入れられ、
また2,3週間後に新しい免許証が自宅に届くそう。

何はともあれ、
この長い戦いに終止符が打たれました。

さおり
おめでとーう!これからは堂々とテキサスの道を運転できるね!

 

やったー!

.

スポンサーリンク

まとめ

  • 免許申し込みから90日以上が経過している場合、
    再度必要書類が求められる可能性がある。
  • 試験待ちの2列のうち、交互に試験官が乗り込むわけではなく、
    気まぐれで好きな方に乗り込むため順番は予測できない。
  • おおらかな試験官に当たれば、多少のミスがあっても合格することがある。