I-94の誤りを修正する方法(2)


こんにちは。

アメリカ生活29日目、さおりです。

前回、夫のI-94F-1ビザにされてしまい、
修正のためにとりあえず空港に行ってみたところ、
見知らぬ日本人男性に、
手ほどきを受けることができたことについて書きました。

スポンサーリンク

前回の記事はコチラ↓

I-94の誤りを修正する方法(1)

今回はその続き、
実際にCBPのオフィスで、
係の人とやり取りをするところから書きます。

CBPに直接交渉

神様のような日本人男性に出逢い、
電話でのCBP のアポイントメントの取り方や
注意事項・
アドバイスを受け、
もう一度、CBP オフィスの部屋へ。(詳細はその1参照)

窓口でできるだけ感じよく、
私たちがとても困っていることを伝え、
アポイントメントなしでも、
I-94を修正してもらえないか打診してみます。

 

窓口の男性
OK!パスポート、プリーズ!

 

here!

 

夫は喜んでパスポートを窓口の下の隙間から渡しました。

男性はそのパスポートを持って、
後ろのパソコンに座り、
何やらカタカタとパソコンを操作して、
すぐにこちらに戻り、
パスポートを窓口の下から戻しました。

 

窓口の男性
オーがスト エイト!ネクすトチューズでイ!エイトサーりー!

 

???

 

ここで直してもらえると期待していた私たちは、
何を言われているのかわからず、ポカーン。

 


窓口の男性
オーガスト エイト!エイト サーティー!イン ザ モーニング!アーユーオーケー?

 

ようやく、アポイントメントを
取ってくれただけということがわかりました。

その後、持ち物はパスポートビザDS-2019だといわれ、
サヨウナラという感じで、手を振られてしまい、
帰るしかありませんでした。

 

さおり
今この場で訂正してくれればいいのに…。

 

そう思いながらも、
アポイントメントの取り方もわからず、
途方に暮れていたことを思えば、
1週間後、修正してもらえることが分かっただけありがたいですね。

あの日本人男性に感謝しながら、空港を後にしたのでした。

スポンサーリンク

CBPオフィス再び

1週間が経ち、
やっとアポイントメントの日がきました。

この間、家の内見・契約、夫の初出勤など、
正しいI-94がないことで、
少しの不便さはありましたが、
思っていたほど不都合は生じていませんでした。

夫の職場にも、
働き始めて
3日以内に出すと
規定があるはずなのに、
いいよいいよ、修正できてからで…という感じ。

住居の契約の際も、
「ビザが間違っているが、修正依頼中だ」
と伝えれば
契約もスムーズに進み、
審査も当日中に通りました。

 

さおり
住居の契約に提出を求められるような重要な書類なのに、間違っているところがあっても審査通るんだ…。

 

なんとも日本人の感覚からすると
信じられないですが、
アメリカという国を少し知れたような気がします。

さて、再びDFW空港・ターミナルDのCBPオフィスにやってきました。

8時半のアポイントメントですが、
心配性の夫のために7時にはホテルを出て、
7時半からオフィスの前の椅子で待機していました。

 

さおり
なんて日本人な私たち…。

 

しかし、「早めに窓口が開く」
なんてあるわけもなく、
1時間待って825分ごろ部屋へ入り、
窓口が開くのを待ちました。

例によって、
また反対側の窓口の中の女性に、
何か用なの?!と怒鳴られ、
アポイントメントを持っていると言うと、
それならいいわという感じで、裏に入っていきました。

835分ごろ、
ようやくシャッターが開き、
また、以前と同じ税関のような恰好をした男性が現れました。

夫は、窓口の下の隙間においてある紙に、
時間、名前、住所、電話番号を書きます。

その10分後…

 

窓口の男性
エイト サーティー!

時間で呼ばれ、夫は窓口へ。

 

窓口の男性
パスポート!

 

……。

夫のそれを渡すと…。


窓口の男性
J1?

 

奥の予約を取った時のパソコンに座り、
また、カタカタと操作しだしました。

そして、ほんの数分で戻ってきて、
パスポートを窓口の下からシュッと滑らせると、
ガラス窓の中から手を振り、
あっさり次に待っている男性に目を向けてしまいました。

私と夫は、これで終わり?と目を見合わせ、
とりあえず、部屋の外へ出て、
スマホでCBPの公式ホームページを開き、
夫のI-94情報を見てみることに。

すると、
しっかりJ1と直っているのを確認できました!

 

さおり
こんなに簡単なことなら、1週間前に直してくれればよかったのに…

 

そう思ったけれど、この出来事が、
これからここで
1年間暮らす私たちにとっての、
洗礼のようなものだったのかもしれません。

余談ですが、アポイントメントの電話は、
8/2の午前に4件くらいメッセージを入れて、
折り返しかかってきたのは、
8/419時頃でした。

48時間は過ぎていましたが、
メッセージはちゃんと聞いてもらえたみたいです。

なので、もしこれからダラスで、
I-94に誤りがあって修正を依頼する方は、
DFW空港に行く前に予約用の電話番号にメッセージを残し、
折り返しの電話でアポイントメントを取ってから、
CBPオフィスへ行くことをお勧めします。

まとめ

DFW 空港で入国し、I-94に誤りがあった場合

① アポイントメントを取るための番号に電話をし、
  名前と電話番号をメッセージに残す。
 (もし同じように間違われてお困りでしたら、
  私達がかけた番号ならお伝えできますのでお問合せ下さい。)

②  48時間位、折り返しの電話を待つ。
 (48時間過ぎても連絡がない場合は、
  CBPオフィスに行けばアポイントメントは取れるかもしれません)

    指定された日時に、パスポート、ビザなど重要書類を持参する。

以上の手順で、I-94の修正は完了します。

スポンサーリンク