アメリカのアパートでビックリしたこと

こんにちは!

アメリカ生活50日目、さおりです。

住居って場所によって、個性がありますよね。

スポンサーリンク

ここダラスだとジムやプールが
付いているのが当たり前だったり、
住人同士交流のイベントが
定期的にあったりするのも、
日本に住んでいた時は考えられませんでした。

今日は、アメリカのアパートに住んで、
驚いた日本との違いについて書きたいと思います。

包丁立てがない

引っ越して最初にやること。
それは、荷物の片づけですよね

私は、キッチン用品は
使い慣れたものを使いたくて、
日本から一式、宅配便で送ってありました。

届いたものを、
キッチンに収納していると、
日本では必ずと言っていいほど、
扉の裏に付いている、あるものがナイ。

そう、キッチンのどこの扉を開けても、
包丁立てがないのです!

 

さおり
え??なんで??

 

ああ、あれは日本ならではの、
細やかな気遣いだったのだと気づきました。

アメリカでは、
ナイフホルダーが、
スーパーや量販店などで売られていて、
それを買って収納する方式です。

あらかじめ、
住居に作り付けておく日本、
自分専用のお気に入りを買って収納するアメリカ。

何となく包丁立て1つとっても、
その国の性質を表しているような気がします。

自分にとっての当たり前が、
世界の当たり前ではないと、
ふと気づかされた瞬間でした。

シャワーボックスと浴槽の配置

うちのバスルームは、
扉が二か所あります。

廊下?からと、
寝室からも入れるように
なっているのですが。

バスルームの真ん中に、
シャワーボックスがあり、
部屋の端(トイレの隣)に浴槽と
離れた場所に別々にあります。

これはどういう風に使うことを
想定して作られたのか?

1か月半暮らしても、
いまいちよくわかりません。

シャワーだけの時はシャワーボックスを、
湯舟も利用したいときは、
バスタブの方でという風に
使い分けろってことなのかなあ。

ネットでいろんなアメリカの住居を見ましたが、
一つのバスルームの中に、
シャワーボックスとバスタブが
離れて置いてあるのは
割と主流なようですね。

日本人の私は、
バスタブに事前にお湯をはっておいて、
シャワーボックスで体を洗ってから、
ゆっくりとタブにつかりたいと思うけれど。

場所が離れているから、
身体を拭かなければ
バスタブまで行けないと考えると、
億劫でつかることが出来ません。

それと、アメリカは家の中に、
お湯を沸かしておいておくための大きなタンクがあって、
日本とは給湯の仕方が根本的に違うようです。

タンクの中の沸かしてためてある湯が、
蛇口から出るようになっているので、
あまりお湯を使いすぎると、
途中で足りなくなる恐れがあります。

このタンクが空になってしまうと、
また、お湯が溜まるまで水しか出なくなるのです。

それならなぜ、バスタブがあるのか…。
謎が深まるばかりです。

スポンサーリンク

8月の涼しさからの9月の残暑

こちらに来る前は、
テキサスの夏って、
すごく暑いイメージがありました。
何となく、カウボーイのイメージで…。

しかし、引っ越してきた8月、
家の中はかなり涼しく、
ほとんど冷房を付ける必要がありませんでした。

テキサスは広いので、
ダラス以外の都市についてはわからないですが。

家の温度計を見ると、
一番暑くなる13時から15時位は、
華氏90°F=摂氏32℃前後

日本で32℃だと
かなり蒸し暑いと思いますが…。

ダラスだとシーリングファン
(天井についているプロペラ)を回せば、
扇風機並みの風が出て、
あっという間に涼しくなります。

外に出ると日差しが強く、
10分もいられないですが、
家の中はそんなに暑くありません。
(うちは南東向きの3階で比較的日当たりいい方)

日本に比べて、
湿度が低いからかもしれません。

ただ、ここ最近、
9月半ば位に差し掛かると、
一旦涼しくなってきていた空気が一転、
信じられない位暑くなりました。

これは、今年だけのことなのかもしれませんが、
私は8月よりも断然、今の方が暑く感じます。

午前10時位までにかけて
徐々に暑くなってきて、
お昼から夕方までは、
冷房をかけないと部屋にいられません。

これが、本当のテキサスの夏だったのか…と、
痛感しているのでした。

スポンサーリンク

まとめ

  • アメリカの家には包丁ホルダーがない。
  • お風呂の配置は、日本人向きではない。
  • 残暑がキツイ!