当ブログ1番人気!
アメリカ生活の為に日本から持参した食材

アメリカで光熱費はいくら?水道・ガス・電気・インターネット代を日本と比較

こんにちは!

さおりです。

アメリカの水道光熱費ってどれくらい?

スポンサーリンク

「日本と比べて高いのか?」
「毎月どれくらいの金額なのか?」
国が違うと毎月の支出額も変わりそうで、心配ですよね。

そこで、
アメリカにいた時に払っていた金額と、
日本に帰ってきてからの金額を比較。

水道・ガス・電気・インターネット代は、
どちらがどれくらい安いのか、
コチラでご紹介したいと思います。

※比較対象は、
テキサス州ダラスのアパートと埼玉県のアパート、
2人暮らしの場合にかかる光熱費です。

水道代

まず、アメリカの水道代の支払い方法ですが、
我が家は、家賃と同じく、
銀行からの自動引き落としでした。
(クレジットカード設定不可)

お支払いのお知らせ方法は、
日本と全く同じで、
水道料金と使用料が書かれた紙が
ポストに入ってきます。

※日本は2か月に1回ですが、
ダラスでは1か月に1回でした。

書いている内容もほとんど一緒で…

  • Usage=使用量(ガロン)
  • Water Base Charge=水道基本料金
  • Water Charge=水道料金
  • Sewer Base Charge=下水道基本料金
  • Sewer Charge=下水道料金

についての記載。

加えて、アメリカのアパートでは、
ゴミ回収量も支払っていたので、
その金額も一緒に書いてあります。
(Trash Fee 20ドル)

そこで、アメリカで支払った、
我が家の水道料金を確認してみると、
1年間平均で、
1か月あたり30.80ドルだったことが分かりました。
(Trash Fee除く)

今月、請求がきた日本の水道料金は、
2か月分で6,594円だったので、
日本もアメリカも水道料金は、
ほぼ変わらない!という結果に。

ちなみに、我が家は、
アメリカにいた時も日本にいる今も、
食器洗浄機は使っていないので、
使ったらもっと水道代が安くなるのかもしれないですね。

ガス代

ガス代ですが…
実は、アメリカでは、
1度も請求されませんでした。

アパートの契約書を読み直しても、
「ガス代はアパート側が払います」
なんて記載はないので、
おそらくオール電化?のアパートだったのだと思います。

以前、アメリカのコンロについて、
このブログにも書きましたが…

アメリカの電熱線コンロ事情!特徴や注意すべきこと

ガスコンロではないので、
料理にガスは使用しません。

また、給湯設備についてですが…

アメリカ住宅・温水タンク事情!空になってから再びお湯ができるまで

以前書いた通り、
日本の瞬間湯沸かし温水器とは違い、
アメリカでは温水タンクの中で、
お湯を沸かして保温しておき、
そこからお湯が出てくる仕組みです。

このタンクは、
ガス式の場合と電気式の場合があるようなのですが、
ガス代を請求されなかったことを考えると、
おそらく電気式のものだったのではないかと思います。

今、日本で住んでいる家は、
IHコンロなのですが、
給湯にガスを使っている為、
毎月請求が来ていて、
1月分のガス代は5,453円でした。

2人暮らしなのに、結構高いですよね!

アメリカは、ガス代がない分、
かなりお得だったなーと思います。

スポンサーリンク

電気代

電気代についても、
以前、こちらに夫が書いたのですが…

テキサス州・電力事情!2人暮らしの電気代を一挙公開

ダラスでは、
Reliant Energyに契約していました。

先に書いたようにガス使用がない為、
その分電気代が高くてもおかしくないですが、
アメリカでは1番暖房を使用していた、
冬の寒い時期の電気代で、70ドル弱。

日本だと1月が1番高くて、
6,941円だったのでほぼ同じ位。

また、冷暖房をあまり使用しない10月では、
44.12ドル(ダラス)と4,137円(日本)で、
やや日本の方が安いかなという結果に。

しかし、アメリカのアパートは、
今住んでいる日本のアパートと比べると、
2倍ほどの広さがあるので、
コスパはかなり良いと思います。

インターネット代

最後に、インターネットですが、
アメリカでは、Spectrumで契約していました。

アメリカのインターネットプロバイダー”Spectrum”

我が家は月額52.33ドルでしたが、
契約時期や期間によって、
金額はかわるようです。

日本のように工事費は取られないですが、
先払いで途中解約する際、
日割りの返金は無かったと思います。

ちなみに、日本では、
月額5,260円(工事費分含む)を払っているので、
コチラもアメリカとほぼ変わらない金額!

光熱費はガス以外、ダラスと日本では、
そこまで差がないということが分かりました!

スポンサーリンク

まとめ

  • 日本(埼玉)とアメリカ(ダラス)では、水道光熱費にほぼ違いがない。
  • アメリカで住むアパートによっては、ガス代が必要ない場合がある。
  • アメリカの水道光熱費(水道・電気・インターネット)は、120~150ドルくらいかかる。