ネイティブに聞いた
「I don’t know」


こんにちは!

アメリカ生活172日目、さおりです。

この間、イングリッシュスクールで、
「I don’t know.」のニュアンスについて聞いてみました。

スポンサーリンク

分からない、知らないという表現は、
他にもいろいろありますが、
その中でどんな時にどれを使えばいいの?

第2言語だからこそ知りたい、
それぞれの使い方について、
ネイティブに聞いた結果について書きます。

イベントにて

先日、ウィスキー工場の試飲会に参加した際、
偶然同じアパートの住人に会いました。

 

隣人
Hi!!
You are 〇〇residences , aren’t you?
〇〇アパート(うちのアパート)の住人だよね?

 

Yes!! Did you remember us?
そうだよ!覚えてくれてたんだ? 

 

隣人
Of course!! Do you know other 〇〇 residence come here?
もちろん!ほかに〇〇アパートからこのイベントに来てる人いるかな?

 

I don’t know.
僕は知らないなあ。

 

なんてことない1コマだったのですが、
最近、微妙なニュアンスに敏感な私は、
この「I don’t know.」というフレーズが、
何となく冷たいような気がして気になり…。

翌日、イングリッシュスクールで、
ネイティブに聞いてみることに…。

ネイティブに聞いてみた

さおり
昨日、こういうシチュエーションがあって…。かくかくしかじか…。

 

イングリッシュスクールで、
昨日の状況を説明。

 

さおり
知らない・わからないって表現っていくつかあるけど、この場合どれを使うのが自然なのかな?

 

そして、私はこの3つのフレーズをノートに書きました。

  • I don’t know.
  • I am not sure.
  • I have no idea.

 

さおり
ちなみに私の夫は「I don’t know.」って答えたんだけど、どう思う?

 

先生
私は、それはいいと思うよ!この場合どれを使っても間違いではないと思う。

 

正直私は、テレビドラマで死ぬ程使われる、
「I’m not sure.」が良いのではないかと思ったと話すと…。

 

先生
まあ確かに「I’m not sure. 」はよく使うよね。可能性があるっていうニュアンスを含んでいるのが他の2つと違うし。

 

さおり
そうそう!
この場合、私は一緒のアパートから来ている人がいるかを正確に知っているわけではないから、これが1番いいと思ったんだけど…。

 

先生
うーん。でもさ、なんだかそれだと曖昧じゃない?
私は、「I don’t know. 」は記憶にないってことだから、すごくシンプルではっきりしていて、いいと思うよ!

 

さおり
そうかあ。私が日本人だから曖昧な表現を好むのであって、アメリカ人がそうとは限らないんだなあ。

 

スポンサーリンク

話し方のクセ

先生
正直この3つだと、確かに微妙なニュアンスの違いはあってもどれが正しいとはいいにくいと思う。だって大きな括りでいえば同じような意味だし。

 

先生
どれを使うかは好みの問題だよね。どの表現が一番好きか。

 

そう言われて考えてみると、
確かに日本語でも話し方のクセってありますよね。

私もよく母に、
さおりって本当「死ぬほど」って、
よく使うよねーっとか言われます。笑

すごくの代わりに死ぬほどって使うのが私の癖で
「今日死ぬほど寒かったよー」とか、
「今日の仕事、死ぬほど大変だったー」とか、
気付くとなんでも付けちゃってます。

でも英語だって、言語なんだから、
自分の好きな表現・よく使う表現があるはず。

知らないっていう言葉も、
この場合どれに当たるんだ…?
と毎回考えていたら、
ただでさえ第2言語なんだからスムーズに会話できない。

そう、微妙なニュアンスの違いを
突き詰めて考えるよりも…。

まず自分の好む表現を決めてしまって、
それを基本的には使う、
それで最初は良いのではないかと
彼女は言っていたのかなと思います

ちなみに「I have no idea.」は、
「I don’t know.」よりも強い表現と、
私は認識していたのですが…。

 

先生
少しのニュアンスの違いはあってもほとんど一緒じゃない?
私はあんまり気にしないけどな…それもどっちが好きかなんじゃない?

 

もしかしたら、第2言語の私たちの方が、
ナーバスになりすぎてるのかも。

もっと気軽に英語を楽しめたらなあ…そう思うこの頃です。

スポンサーリンク

まとめ

  • 「I don’t know.」は、記憶にないという意味のはっきりして分かりやすい表現。
  • 「I am not sure.」は、少し可能性があることを含むが、
    特にニュアンスの違いを気にしないアメリカ人もいる。
  • 「I have no idea.」は、「I don’t know.」にとても近く、
    ほとんど違いを気にせずに使っても良さそう。
  • ニュアンスの違いを気にするより、まずは会話を楽しもう!