当ブログ1番人気!
アメリカ生活の為に日本から持参した食材

【ハンドメイズ・テイル】シーズン4第3話のあらすじと感想【ネタバレ】

こんにちは!

さおりです。

「ハンドメイズ・テイル」
(原題:The Handmaid’s Tale)
シーズン4の第3話を観ました!

この記事では、主要登場人物や
シーズン4第3話の簡単なあらすじ、
私なりの感想を書かせて頂くので、
興味があれば読んで頂けると嬉しいです。

※シーズン4第2話の感想は、
【ハンドメイズ・テイル】シーズン4第2話のあらすじと感想【ネタバレ】に書いています。

登場人物

ジューン・オズボーン/オブフレッド/オブジョセフ

夫のルーク・娘のハンナと一緒に
ギレアド脱出・カナダを目指していたが、
捕らえられハンドメイドに。

シーズン2では、
カナダへ逃げるチャンスを得ながらも、
実の娘・ハンナを助ける為に、
ギレアドへ残ることを決める。

フレッド・ウォーターフォード

政府高官(司令官)であり、
妻のセリーナと共に、
ギレアドの創設に尽力。

ジューンが最初にハンドメイドとして着任した家の主人。

セリーナ・ジョイ・ウォーターフォード

フレッドの妻で、元文化活動家。

子どもを持つことを夢見てきて、
ジューンがハンドメイドとして産んだ子どもを
自分の子どもとして迎えるが、
シーズン2の最後で手放す。

エミリー・マレク/オブグレン/オブスティーブン/オブロイ/オブジョセフ

元大学講師の同性愛者で
妻と子どもとカナダに逃げる時、
エミリーだけ捕まり、ハンドメイドに。

シーズン2最後では、
ジューンの産んだ子ども・ニコルを連れ、
ギレアド脱出を成功させた。

ジャニーン/オブウォーレン/オブダニエル/オブハワード

ハンドメイドの訓練センターで、
罰を受け右目を失ったハンドメイド。

精神的に不安定で、
幼い子どものように
無邪気な面やわがままな面を持つ。

リディア・クレメンツ(おばリディア)

ハンドメイドを監督するおば。

教育熱心で信心深く、
刑罰には厳格で残忍だが、
ジャニーンに対する接し方など、
思いやりの心も見え隠れしている。
シーズン2の最後にエミリーに刺されるも、回復。

ルーカス・バンコール(ルーク)

ジューンの夫。

ギレアド脱出を成功させ、
現在カナダで再会したモイラと共に、
ジューンやハンナの安否を心配している。

ハンナ・バンコール/アグネス・マッケンジー

ジューンとルークの実の娘。

ジューンがハンドメイドとして捕らえられ、
ハンナはマッケンジー司令官の娘
「アグネス・マッケンジー」として育てられることに。

ニック・ブレイン

ウォーターフォード司令官の運転手であり、
ギレアド政府の目。

ジューンと秘密の関係を持ち、
ウォーターフォード家で産んだ子ども・ニコルの本当の父親。

モイラ

ジューンの大親友で、
ジューンと一緒にハンドメイドの訓練施設に入るが、
家に配属される前に脱走するが捕まる。

その後、イゼベルの店でルビーとして働くが、
ジューンと再会し、再度ギレアド脱出を計画、
現在カナダで難民としてルークと共に生活している。

リタ

ウォーターフォード家のマーサ(家政婦)。

ジョセフ・ローレンス

エミリーがハンドメイドとして、
最後に着任した家の主人(司令官)。

シーズン2最後で、
エミリーのギレアド脱出を助ける。

ウーナ

モイラの新しい彼女。

エスター・キーズ

キーズ司令官の妻。
シーズン4第1話、ジューンたちが身を寄せた農場の婦人。

スポンサーリンク

第3話の導入

捕まってしまったジューン。

ニックに、
「他のハンドメイドたちの居場所を教えてくれないなら、
あなたを助けることはできない、あなたを助けたい。」
と言われるも、絶対に口を割らず、
個室に連れて行かれ、リディア殴られて…。

第3話のあらすじと感想

シーズン序盤で早くも捕まってしまいましたね。

たった2話でこの展開の速さ、
本当にこの世界観に引き込まれますね。

拷問されても口を割らないジューンですが…
リディアと口論になって、
「みんなはバーモントのバーリントン大学の図書館にいる」と、
嘘を言ったのは、さすがにまずかったですね。

拷問ではジューンは口を割らないと思われ、
なんと屋上にローレンス家のマーサだったベスとシエナが!

「絶対に口を割らないで!」とベスが叫ぶと、
中尉に屋上から落とされて死んでしまい、
ジューンの名前を呼んだだけなのにシエナまで殺され。

二度と嘘を付くなと独房に戻されるジューン。
これには、かなりジューンもショックでしたよね。

自分のせいで2人の命が犠牲になってしまって。

一方、カナダでは…

ジューンが捕まったことはルークに知らされ、
生きていることだけはわかっていても、
判決や量刑がどのようになるかはわからず。

ルークは、モイラに、
「ジューンは捕まるとわかっていて、
ギレアドにとどまることを選んだということは、
自分たちに会えないことを知っていての決断だよね」と。

ルークは、
ジューンがヒーロー扱いされているけど、
本当は、飛行機に乗ってきてほしかった、
乗らないという決断をしたことが辛いんですよね、きっと。

それには、色々な事情もあるし、
もちろん乗れるような状況ではなかったし、
ハンナのこともあるし…と視聴者としては思いますが、
夫としては、ヒーローになるよりも、
泥臭く逃げてきてほしいと感じてしまうのでしょうね。

スポンサーリンク

一方、ジューンは。
ローレンス司令官までやってきて、
ペンシルベニアの売春宿で、
9人の司令官が悪い酒で病院へ搬送されて、
そのうち6人が死んだことを聞かされ。

あのお酒…
そんな劇薬だったんですね。

9人中6人も殺せたなんて、
すごいですが…

その時間にジューンも一緒に、
ハンドメイドたちと次の場所に避難していたらと思うと、
6人の司令官の死では、折り合いがつかない気がします。

「ハンドメイドたちがどこにいるか教えてくれないと、
今度はハンナが傷つけられることになる」というローレンス氏。

ギレアドは子どものことは傷つけないと思っているジューン、
しかし、連れて行かれた先には、隔離されたハンナが。

その姿を見て、
ジューンは次の避難先を教えてしまい、
捕まってしまうハンドメイドたち。

無敵と思われたジューンにも、
子どもは弱点になりますよね。

だって、ジューンは極論、
ハンナを守るために戦っているわけで、
自分の娘は自分の命、何にかけても守りたい存在。

ハンナを人質にするのはずるいですよね。
でも、そのずるさがギレアドって感じがして、
本当に胸糞悪い。

でもこの胸糞悪さが面白いんですよね。笑

再び、ジューンのところに来たリディア。
殺してくれと頼むジューンに、
処刑されずにマグダラのコロニーに行くことが知らされ…

ハンナやジャニーン、捕まったハンドメイドたち、
死んでしまったマーサ、みんなに起こったことは全部、
あなたに責任があるとリディア。

正しいことをしてきたつもりで、
それが全部から回ってしまって。
ジューンも本当に辛いですね。

新しい場所へ向かうジューン、
そこにはニックがいて。

ハンナが家に帰ったこと、
安全だということを教えてくれますが…

「ハンナは彼らのことは恐れず、
自分のことを怖がっていた」と泣くジューン。

確かに、自分の子どもが、
自分のことを忘れて、
恐ろしいこの国に染まっていたら、
絶望に打ちひしがれますね。

「彼女は今でもあなたを愛している」と説得するニック、
そして、「アイ・ラブ・ユー」と。

ニックは今でもジューンのことを愛していたんですね。
しかも、ジューンもニックに、「アイ・ラブ・ユー」とキスをして。

この2人、本当に愛し合っているんですね。

複雑な状況下で、
ずっと変わらず思い合っていて…
だとすると、ルークはどうなるの?!と思いますが…

もしも仮に、ジューンがギレアドから出たとしても、
こんな極限状態で生きていたジューンが、
ルークとまた平凡な夫婦生活を取り戻せるなんてこと、
無いような気がしますね。

ルークもそれをうすうすわかっていて辛いのかな。

ジューンを含め、
ハンドメイドたちみんな、
マグダラのコロニーに送られる車中。

このまま、みんなでコロニーで過ごすことになると思いきや、
ジューンがリディアに仕掛けて、
隙をついて逃げ出しますが…

ジューンとジャニーン以外は、
間に合わず汽車に引かれて?というか分断されて、
ジューンとジャニーンだけが逃亡成功という形に。

他のみんな死んでしまったのでしょうか。

シーズン序盤で、
どんどん主要人物が亡くなっていく事態。
正直、見ているこっちの心がついていけません!

ジューンとジャニーンは逃げ切れるのか、
次回が楽しみです。

※第4話については、
【ハンドメイズ・テイル】シーズン4第4話のあらすじと感想【ネタバレ】にあらすじと感想を書いています。

スポンサーリンク

まとめ

  • たくさんの犠牲を伴いながら、ジューンとジャニーンのみ逃亡に成功。