シルク・ドゥ・ソレイユ “O” を最前列で観た感想 in ラスベガス


こんにちは!

アメリカ生活232日目、さおりです。

ショーの本場・ラスベガスで最も人気のある、
シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)
“O” という演目を観てきました。

スポンサーリンク

チケットの手配などについてはコチラ。

ラスベガス旅行の準備~ホテル選び・ショーチケット・ツアー予約など~

圧倒的な世界観、
この世のものとは思えない美しさと
人間の持つ能力を明らかに超えたパフォーマンスに、
 開いた口がふさがりませんでした。

今回は、そんなショーの魅力と、
最前列で鑑賞するメリットデメリットついて、
書きたいと思います。

水を意味する “O”

このショーは、ベラッジオというホテルで、
1998年から行われている常設ショーで、
フランス語で水を意味する “eau” から、
その名を取ったそうです。

間違いなく、このショーの鍵は

舞台自体が特殊な作りになっていて、
幕が開けば、あっという間に
巨大なプールがステージ上に出現。

…かと思えば、だんだん水が少なくなり、
演者さんがちゃぷちゃぷと水の中を歩いたり、
完全に水がなくなる場面もあったりします。

このショーを通して私が感じたのは、
水=生命ということ。

私は、このショーを見ていた2時間弱、
水の持つ神秘的な魅力に取りつかれていたように感じます。

人間にとって、
水は最も大事な存在で…。

水とあれば、お金を投げ入れたり、
滝がパワースポットだったり、
水の音を聞くだけで
なんだか落ち着くなんてこともあると思います。

水の音・匂い・そして激しく上がるしぶき、
人間の真相心理に五感で働きかける、
水を水として最大限利用した、
神秘的で美しいショーでした。

ハイレベルすぎるパフォーマンス

幕が開いてすぐ、巨大プールの上空で、
空中ブランコのパフォーマンスがあります。

2人の人間が、手と手でキャッチなんていうのは、
サーカスでよくあると思うのですが、
このショーでは、なんと足と足でキャッチして、
そこからまたブランコに戻るのです。

ただ成功するだけですごいのに、
それがなにも特別なことではないかのように、
流れるように滑らかに軽々と、
ブランコ上でパフォーマンスが続いていきます。

信じられない光景に目を疑い、
あまりの美しさに、同じ人間のなせる業には思えず、
まるですべてが叶う天国にいるような錯覚さえ起こり、
気づくと自然に涙があふれていました。

このシーンだけではなく、
2時間弱の公演時間の中では
超人技のオンパレードなのですが…。

メインのパフォーマンス以外に、
必ず誰かしらステージの端っこなり後ろなりで、
演技をしているのです。

それが全体的な世界観を
生み出しているのだと思うのですが…。

なんとも贅沢で、
メインでものすごいことをしているんだけど、
でもあっちも気になるといった感じで、
一瞬たりとも目が離せません。

私は瞬きをすることも、
水を飲むことも忘れ、
あと少しで息をするのも忘れるところでした!

スポンサーリンク

最前列のメリットとデメリット

私たちの席はステージに対して左側のA7とA8という席。

アメリカの感覚だと最前列は、
見やすい席ではなく、
そこまでいい席という認識は
ないらしいですが…。

結論から言うと、私にとっては、
とても満足の出来る席でした。

なぜかというと、
演者さんがとても近くまで来るので、
目が合ったり、表情までちゃんと
間近で観ることが出来るからです。

水しぶきや炎の熱さなども感じられ、
臨場感があり、
目の前で起こっていることを、
五感で感じることができます。

また、上空で起こってることを、
下から見上げるような感じなので、
そのさらに上のバックステージ感も覗けたりするのは、
前の方の席の特権ではないでしょうか。

ショーの最後、感動の嵐で、
本当に本物のスタンディングオベーションを経験しましたが…。

やはり最前列の人から立っていった感じもありましたし、
本当の意味で演者さんに
拍手を送っているという感覚があって、
そういう時はやはりステージに近くてよかったなと思いました。

その代わり、導入の場面で
前すぎて見にくい部分があったり、
席の上の方でピエロが観客と絡んでいる時など、
何が起こっているかよくわからなかったり…。

上空のパフォーマンスでは、
長い間、上を見上げているので首が疲れたり、
全体を一気に観ることが出来ないというデメリットはあります。

しかし、どこの席を選んでも、
全てを観るということは不可能なので、
広い視界で全体的に舞台を見渡したいのか、
とにかく近くで臨場感を味わいたいのかで、
人によって満足感は変わってくると思います。

何にせよ、シルク・ドゥ・ソレイユ “O” は、
私が今までの人生で得た言語表現では
言いあらわせないような、
感受性の範疇を超える素晴らしいショーでした。

ラスベガスに来たら、
絶対に絶対に観るべきショーだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

  • シルク・ドゥ・ソレイユ “O” は、
    ベラッジオホテルで行われている常設ショー。
  • 水を使った、大迫力のパフォーマンス。
  • 全体を一目で把握したい方は、中ほどの席、
    臨場感を感じたい方には前の方の席がおすすめ。