アメリカですき焼き作りに挑戦!牛肉の薄切りに苦戦するの巻

こんにちは!

アメリカ生活203日目、さおりです。

先日突然、すき焼きが食べたくなり、
あり合わせのものですき焼きもどきを作ることに。

スポンサーリンク

使用した食材や作ってみた感想について書きたいと思います。

肉を薄切りにする

アメリカではほとんど、
日本のような薄切り牛肉は売っていないので、
スーパーで売っているかたまり肉を買ってきて、
いつも調理しています。

※以前書いたダラスの一般的なスーパーで
買える食材についての記事はコチラ

丁度、買ったばかりのステーキ用の牛肉があったので、
出来るだけ油の部分は取り除いてから、
それを頑張って薄く切ることに。

 

さおり
お、思ったより難しい…。

 

ケガだけはしないでね!

 

苦戦しながらもなんとか無事に切れましたが、
焼肉並みの厚さ。

 

さおり
でもここでくじけるわけにはいかない。

 

さおり
私はすき焼きが食べたいんだー!

 

ありあわせの野菜

すき焼きというと、
具材は春菊や白菜、
シイタケあたりだと思いますが、
当たり前ですが、家にストックはありません。

なのでありあわせの野菜で、
どうにかすき焼きを再現することに。

私が使った具材は…。

  • キャベツ
  • エノキ
  • ぶなしめじ
  • しらたき
  • 豆腐

ミツワに行ったばかりだったので、
なんとかそれなりのものを作ることはできそう。

ただ、すき焼きの素は持っていないので、
自分で割下を作ることに。

スポンサーリンク

割下をつくる

うちには、
幸いみりんがあったので、
自己流の割下を作りました。

  • みりん80ml
  • 醤油70ml
  • 砂糖大さじ2
  • 昆布で出汁を取った水100ml
  • 白だしをほんの少し

これをあらかじめ混ぜ合わせておき、
鍋を火にかけ、ついに調理スタート。

牛肉を薄く切る時に取り除いておいた、
牛脂を鍋に引き、お肉を焼きます。

さっと焼いたら、そこに作った割下を投入。

野菜などの具材を全部入れて、煮たら完成!

お味は

早速、食べてみると、
まあちゃんとすき焼き味にはなってます。

あの、甘じょっぱいお肉と卵が、
絶妙に絡みあった日本の味が食べたい!
…という思いはどうにか叶えることが出来ました。

※アメリカの卵は新鮮ではないと聞くので、
生で食べる際は、十分品質に注意してください。

肉厚だねえ。

 

さおり
ごめんね…薄く切れなくて。

ただ、当たり前ですが、
やっぱりアメリカのお肉は、
ステーキの方が美味しい。

バーベキューグリルで焼くのが1番ですね!笑

たぶん、もう2度と、
アメリカですき焼きはしないと誓った、
駐在生活7か月目の夜でした。

スポンサーリンク

まとめ

  • アメリカのステーキ用牛肉は、バーベキューグリルで焼くのが1番美味しい。