サーバーとWPテーマを変更しました!(9/15)

ラスベガスから日帰りで行ける絶景 “グランドキャニオン国立公園”

こんにちは!

アメリカ生活234日目、さおりです。

ついに憧れのグランドキャニオンへ!

スポンサーリンク

言わずと知れた超大自然であり、
いつかは行ってみたいと願っていた場所でした。

今回のラスベガス旅行中、
アメリカ版HISであらかじめ予約した、
グランドキャニオン日帰りツアーに参加。

ツアーの予約についてはコチラに書いてます。

ラスベガス旅行の準備~ホテル選び・ショーチケット・ツアー予約など~

絶景を体感した感想、訪れたポイント、
携帯の電波状況などについて、
書きたいと思います。

グランドキャニオン国立公園

このグランドキャニオンは、
アリゾナ州に位置し、
ラスベガスからはバスで片道5時間前後。

敷地面積は、何と東京都の約2倍!

もしツアーではなく、
個人で行く場合の入場料金は、
普通の車1台につき30ドル払えば、
1週間出入りが可能です。

とても広く、長い歴史を持ち、
ここにしか生息していない動物もいるそう。

ピンク色のガラガラ蛇や、
カリフォルニアコンドルなど、
私は見られませんでしたが、
長期間滞在する方はもしかしたら目撃出来るかも?

ただ、自然保護区なので、
もし動物を見かけても触ることや
餌付けは禁止されていて、
見つかると罰金の可能性も。

ビューポイント

日帰りバスツアーだったので、時間に限りがあり、
私たちが訪れたビューポイントは2つで、
Mather Point (マーサーポイント)と
Bright Angel (ブライトエンジェル)。

マーサーポイントとは、
グランドキャニオン国立公園局
パークレンジャーシステムを作った、
ステファン・マーサーの名前から
その名を取ったビューポイント。

日の出を観るのに最高と
言われているスポットで、
グランドキャニオンの中でも、
大人気スポットです。

評判通りの絶景。
ガイドブックで観るのとは、
全然違います。

平日でしたが、
多くの観光客がこのポイントを
訪れていました。

ブライトエンジェルは、
グランドキャニオンの中でも、
もっとも高度が高いポイント。

空気が薄く、走ったりすると、
かなり苦しくなることもあるようなので、
要注意です。

こちらには、お土産屋さんや
アイス・アルコールなど
売っているところもありました。

ロッジやキャビンなどもあり、
宿泊もできるようです。

上から見下ろすような感じで、
見渡すことができ、
マーサーポイントとは、
また少し違った景色を観ることが出来ます。

スポンサーリンク

電波はない

※画像はソフトバンク公式HPより

ところで、携帯の電波ですが、
私はSprint(アメリカ放題)、
夫はAT&T(H2O by KDDI Mobile)ですが、
どちらもグランドキャニオンに向かうバスの中で、途絶えました。

このような大自然の中では、
電波は飛んでないのですね!笑

もしも、バスツアーを予定されている方は、
携帯の電波が必要ない、
暇つぶしグッズを持っていくと、
移動中飽きないかと思います。

…とはいっても、
本とかだと車酔いしてしまうかもしれないし、
前日夜中まで思いっきりカジノで遊んで、
バスの中では寝たおす!というのもありかも?

グランドキャニオンは、
その場所に行くまでに時間がかかるので、
個人でもツアーでも、
訪れるのは結構大変な場所かもしれません。

しかし、それだけの労力をかけても、
見る価値のある絶景でした。

飛行機などの選択肢もありますし、
アメリカに来たら、
ここでしか観ることの出来ない大自然、
大迫力の景色をぜひ体験してみてください!

スポンサーリンク

まとめ

  • グランドキャニオンは、アリゾナ州に位置し、
    ラスベガスからはバスで片道5時間前後。
  • ビューポイントがたくさんあり、
    場所によってみられる景色は微妙に違う。
  • 携帯の電波は入らないと思っていた方がよい。