サーバーとWPテーマを変更しました!(9/15)

アメリカ駐在妻が思う・英語初心者でも盛り上がれる3つの話題

こんにちは!

アメリカ生活175日目、さおりです。

英語が少しわかるようになってくると、
もっと話がしたいんだけど、
どんなことを話したらいいかがわからない。

スポンサーリンク

初対面で、気まずい空気が流れ、
焦ることもしばしば…。

でも、最近、ESL(イングリッシュスクール)や、
近所の人と初めて会って話すうちに、
どんな話題ならすぐ盛り上がれるのかが
なんとなく分かってきました。

私みたいな英語初心者でも、
初対面で盛り上がることのできる、
3つの話題について書きたいと思います。

1.日本に行ったことありますか?

さおり
Have you ever been to Japan ?
(日本に行ったことありますか?)

これは、中学校でも習う簡単な英文。

アメリカに来て思ったのが、
〇〇したことある?って結構よく使うんですよね。

文型がシンプルで、型が決まっているから、
少し変えるだけでたくさん質問が作れて、
英語初心者にとってはかなり使いやすい!

〇〇したことある?の中でも、
ものすごーくよく使うのが、コレ。

初対面で会った人って、グリーティングした後…。

 

Where are you from ?
(どこから来たの?どこ出身?)

 

絶対聞かれますよね。
スーパーのレジの人にも結構言われたり。

その時、私が聞かなくても、
「日本に行ったことあるよ!」とか
「行ったことないけど行ってみたいと思ってるんだ!」とか、
向こうから、渡航歴を教えてくれることもあります。

それって日本人としては、興味持ってくれるの嬉しいし、
そうなれば、「東京に行ったの?」とか、
「いつ行ったの?」とか簡単な質問を返すだけで、
また会話が続きます。

日本のことって1番よく知っていることなので、
比較的、英語の内容も理解しやすいし、
1番ハードルが低くて数分は続く話題なのではないかと思います。

そのうち、相手の出身を聞いたり、
自分がその国について知っていることや
感想を伝えることも出来たり。

もし、相手の出身国に行ったことがなければ、
どこが一番の観光スポットかを聞いてみたり、
「行ってみたいと思ってるよ!」
と言うだけでも、かなり印象は良くなると思います。

だって自分の生まれた国に、
興味を持ってもらって嫌な人って、
あんまりいないですよね。

質問のバリエーションもたくさんあるし、
もしこういう会話になったら、
自分だったらなんて言おうかなと、
事前に考えて練習しておくと、
いざ話そうって時によりスムーズかもしれません。

スポンサーリンク

2.アメリカに来て驚いた日本との違い

2番目は、この話題。

なんだか話題が切れてしまって、
どうしようかなあという時、よく使うトピックです。

これも初心者がすぐに使える、シンプルな英文なので。

私がよく言うのは…。

 

さおり
When I came here, I was surprised that supermarkets were big!
(私がここに来た時、スーパーマーケットが大きくて驚きました!)

 

その後に、日本だと
トマトやポテトの種類が少ないことや、
お店自体もっと小さいこと、
セルフレジが少なかったり…

いろいろと話題が豊富ですよね、スーパーって。

アメリカ人で日本に来たことのない人なら、
とても興味深く思ってくれるし、
違う国の人なら共感してくれたりも。

他にも、日本の家に
プールなんてついてないこととか、
車の交通ルールが全く違うこと…。

こっちに来てのカルチャーショックって、
日本人なら必ず経験することだと思うので、
そういうことを思い出してみると。

どんどんコレもアレも違う!
っていうのが出てくるし、
英語学校で話す練習をしたい時とかに、
特におすすめです。

もし違う国の人がいれば、
他の国の状況とかも知ることが出来て、
面白いかなと思います。

スポンサーリンク

3.アメリカのテレビドラマや映画、好きな本など

さおり
I like watching American TV drama “This Is Us” recently.
(私は、最近 アメリカのテレビドラマ “This Is Us” を見ることが好きです。)

さおり
Have you watched it?”
(あなたは見たことがありますか?)

 

自分の好きなドラマを言ってから、
これ見たことある?って言ったり。

 

さおり
Do you watch American dramas?
(アメリカのドラマを観ますか?)

さおり
Do you have a favorite TV show ?
(好きなテレビはありますか?)

 

シンプルに聞くことも出来ます。

ある程度、出身や趣味とか、
一通り自己紹介的な話が終わった後、
もしTVが嫌いとかそういう感じではなければ、
私はアメリカドラマが好きなのでこういう話になることが多いです。

TVって生活の中で身近なものだし、
内容の話になることが多いので、
結構、間が持つのがありがたい。

でも、それはドラマでなくても、
映画でも本でもなんでもいいと思います。

もし相手が映画の方が好きそうであれば、
映画の話でもよいと思うのですが…。

何が好きなのか分からないこともあるし、
まずは、自分の好きな分野から
話をふってみて、もし、
「実は映画の方が好きなんだよね」とか言われたら…

「何かおすすめの映画ある?」とか
「それどんな内容なの?」とか聞くだけで話は広がります。

「じゃあ休みの日何してるの?」
でいいじゃん!って、
思われるかもしれませんが…。

それだと、質問の幅があまりに広すぎて、
もし、想定外の”犬の散歩”とか返ってきた場合、
そこから話を広げるのが難しくて、
ちょっと気まずい感じになってしまうので。

私としては、オープンクエスチョンで、
何が返ってくるか想定できない質問より…。

「ドラマを観ますか?」とか、
ある程度、自分の話したいトピックを
限定して質問した方が、
逆に話が広がっていくようなイメージがあります。

 

初めての人と話すのって怖いですが、
一歩勇気を出して、
簡単な英文でも話してみることは、
話さないことよりずっと相手に好印象だと思います。

私もいつも簡単な英語しか話せなくて恥ずかしいですが、
それでも嫌な顔はあまりされたことないし、
がんばって第2言語を話す人に、
冷たい態度をとる嫌な人ってあまりいないのではないでしょうか。

 

さおり
もっともっと違う話題も話せるようにがんばるぞー!

 

おー!がんばれがんばれー!
スポンサーリンク

まとめ

  • Have you ever been to Japan ?
    (日本に行ったことありますか?)
  • When I came here, I was surprised that supermarkets were big.
    (私がここに来た時、スーパーマーケットが大きくて驚きました。)
  • Do you watch American dramas?
    (アメリカのドラマを観ますか?)